金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

アウトオブザマネーとは

アウトオブザマネー(Out of the Money)とはオプション取引用語。インザマネーの対義語。オプション取引の権利所有者が権利を行使した場合、損失が出る状態にある事を指す。

オプション原資産の現在値がコールオプション(購入)権利の行使価格よりも低い状態、もしくはプットオプション(売却)の権利行使価格よりも高い状態を指す。要するに、オプション自体に損失が出ている状態のことを指す。行使期限までアウトオブザマネーの状態が続くことが予想できるオプションのことをディープアウトオブザマネーと呼ぶ。

ちなみに、アウトオブザマネーの状態でオプションの買い手は権利行使をしないため、オプション料の損失となる。逆にオプションの売り手はオプション料(プレミアム)の受け取りとなる。

たとえば、日経平均先物オプション取引において日経平均株価が9000円のとき、9250円のコールオプションはアウトオブザマネーであり、8750のプットオプションも同様にアウトオブザマネーとなる。

アウトオブザマネーに関する特選サイト
アウトオブザマネーについて金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

オプション取引とは
インザマネーとアウトオブザマネー

もしかして?(アウトオブザマネー関連用語一覧)

  1. アセットアロケーション
  2. アンダーパー(債券用語)
  3. アンダーライティング
  4. アノマリー
  5. 新たな形態の銀行

 

 

アウトオブザマネーの登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:あ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , オプション取引 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

アウトオブザマネーに関するクチコミ・投稿情報

アウトオブザマネーに関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りアウトオブザマネーに合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

225先物オプションの新規建ての方法について質問です。 保証金150万円 8月限 9月限 カレンダースプレッドを組みます。 上記カレンダース …
オプションの行使についてです R証券を使っています。現物のヘッジ目的で将来的にプットを買おうと思っています。 仕組みは理解できましたが、満 …