金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

購買力平価とは

購買力平価(Purchasing Power Parity)とは、世界各国における物価(生活水準)を比較するための経済指標の一つ。頭文字をとってPPPともいう。

日本においては内閣府が計算しており、購買力平価は各国の通貨の購買力が等しくなるように掲載した各国通貨における交換比率をさす。

たとえば、日本円とアメリカドルの購買力平価(PPP)を考えた場合、同じ品質であるAという商品が日本で400円、米国で5ドルで購入できるとすると、円とアメリカドルは400円=5ドルという同じ購買力を持つということになり。円と米ドルの購買力平価は1ドル=80円というように計算することができる。(通常は単品による比較ではなく、複数の財やサービスにより複雑に計算される)

一般的な購買力平価の統計としては、内閣府のほか国際機関であるOECD(経済協力開発機構)が計算発表しているものもある。なお、購買力平価は為替理論の一つでもあり、購買力平価は為替水準に影響を与えるとされている。

もしかして?(購買力平価関連用語一覧)

  1. 後場
  2. 高金利通貨
  3. 個別元本
  4. 学資保険
  5. コモディティ

 

 

購買力平価の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:こ行
サブカテゴリ(5):ジャンル別 , 通貨・貨幣 , 金融・投資理論 , 経済指標 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

購買力平価に関するクチコミ・投稿情報

購買力平価に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り購買力平価に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

富裕者優遇政策をやめれば日本経済は全て上手く行くと思うのですが間違っていますか? 1980年代後半、中曽根・竹下政権で富裕者優遇政策に舵を切 …
基本的なことなんですが、円の下落とは円安ですか?円高ですか? あと、購買力平価が成立しているときに、アメリカで物価水準が20%上昇し、日本で …
なぜ日本は1人当たりGDPが伸び悩んでいるのですか? テレビで、昔は日本は世界で2番目に高かったと言ってましたが、 調べたら、現在は20番 …
先進国は皆、少子高齢化で困ってますが、中でも日本が一番酷い状況です。 このまま少子高齢化が進むと日本は財政赤字が返済不能に成り破産します。 …
異常な円高は終わりましたが、未だに円は1ドル100円前後の 超円高です。 最低でも1ドル140円、理想を言えば1ドル190円くらいが 購買力 …
友人と、経済の話をしていて、私が購買力平価の話を切り出したら、「購買力平価なんて絵に描いた餅であり、詭弁である。」と言われました。 本当なん …
為替レートについて質問です。 為替レートを考える際に、購買力平価の考え方からデフレの国の通貨は上昇するという説があるかと思います。 その一 …
購買力平価のGDPで台湾に抜かれましたが、台湾が日本より豊かになったとは思いません。この数値って信憑性あるんですか? …
中国は、どのようにして、元安を維持しているのでしょうか? 中国は世界に対して莫大な輸出を行い、巨額の貿易黒字を得ていますが、その結果当然生じ …
購買力平価で見た1人当たりのGDPとは何ですか?日本が39108ドルで韓国が38760ドルだそうです。(週刊ダイヤモンド10月31日号より) …
あなたは最近FXで勝ってますか?それとも負けてますか? ・・・この手の質問をすると大抵勝っている人しか回答してくれませんが あなたはの成績を …
新興国債券って入れる意味ありますか? これは新興国に投資したいけれど、株式は上下が激しすぎるから値動きの小さい債券にしとこう、くらいの扱いで …