金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

利回り曲線とは

利回り曲線(りまわりきょくせん)とは、イールドカーブとも呼ばれる。信用リスクと発行通貨が同様で、満期の異なる債券の利回りをグラフ上に示したものを指す。

一般に債券の利回りは償還期間が長くなるほど高くなる。例えば定期預金は一年満期のものより5年満期のものの方が一年当たりの利率が高い。
これには金利上昇リスクと信用リスクの二つにより説明ができる。

例えば、現在1年債の利回りが1%の場合でも来年には2%になっているかもしれない。これを考えると、2年間資金を固定される年利1%債券の場合、1年目は1%で運用し、2年目は2%で運用するほうが効率的である。そのため、金利上昇が予見される相場においては、2年債の利回りは1年祭の利回りよりも高くなる。
次に、発行体の信用リスクが挙げられる例えば、Aという会社の存在について1年後は存在しているが、10年後にもまだその会社が存在しているかはわからないという不確実性がある。そのため、1年もの債券よりも2年もの、10年ものの債券の方が信用リスクが高まる分利回りも高くなる。

上記の二つより、通常利回り曲線は償還年数が長くなるものほど金利が高くなる。そのため、x軸を利回り、y軸を償還年数とした場合、利回り曲線は通常右肩上がりとなる。なお、この状態を「順イールド」という。

しかしながら、将来の金利下落が確実に予測される局面の場合、今年の金利は10%であっても来年の金利は8%、再来年の金利は6%と予測された場合は逆に償還年数が長くなる債券ほど利回りは下落する。この状態を「逆イールド」とよぶ。

もしかして?(利回り曲線関連用語一覧)

  1. 流通利回り
  2. 利食い
  3. リスクアセスメント
  4. 量的・質的金融緩和
  5. 両端入れ

 

 

利回り曲線の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:り行
サブカテゴリ(5):ジャンル別 , 債券投資 , 金利 , リスク , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

利回り曲線に関するクチコミ・投稿情報

利回り曲線に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り利回り曲線に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

金融論を勉強しているのですが全然わかりませんとき方と解説をどなたか教えて頂け... 金融論を勉強しているのですが全然わかりませんとき方と解 …
社会保障年金の民営化を図るブッシュ大統領の意向について、利点を教えてください。 私は現在マクロ経済学を習い中の大学生です。今、古典派とケイン …
投資物件の利回りについて教えてください。 「全国賃貸住宅新聞」の記事に、国内不動産投資分析情報として、 ①投資用マンション利回りは下降を続 …
金利の期間構造、イールドカーブ、利付債、スポットレートについておしえてください。 金利の期間構造、イールドカーブ、利付債、スポットレートにつ …
スポットレート、フォワードレートについて教えて下さい。 1年後の利回り曲線が現在と変化しない(1年後のスポットレートが現在のスポットレートと …
債券自警団(Bond Market Vigilantes)について ある本を読んでいたところ、金融政策が効力を奏しない理由として債券自警団の …
金融論を勉強しているのですが全然わかりませんとき方と解説をどなたか教えて頂けませんか?? 誰か助けて下さい 額面百円、発行利子率4%、残 …
イールド曲線とスポットレート曲線の違いは何ですか? 両方利回りではないのですか?? …