金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

個人向け国債とは

個人向け国債(こじんむけこくさい)とは、日本の財務省が発行する国債(国の借金)の一種。名前の通り、個人を対象として発行している者で、個人以外(法人や金融機関)などが購入することはできない。09年現在、10年満期のものと5年満期の二種類がある。

10年満期の個人向け国債は変動金利で、現在のところ長期金利(10年国債の市場金利)から0.8%を差し引いた金利となっている。さらに、金利水準については半年ごとに見直しが行われるようになっており、市場金利が上昇すれば受け取る金利が増えて、逆に市場金利が下落すれば受け取る金利が減るようになっている。
一方で、5年満期の個人向け国債は固定金利となっており、発行時点の金利が満期まで延長される。

個人向け国債と普通の国債の違いとして個人向け国債の場合、国が買い取り制度を設けている点に大きな違いがある。個人向け国債は10年債の場合発行から1年、5年債の場合発行から2年を経過することで、投資家の側から解約を請求することができるようになっており、市場金利の変動等による債券価格の元本割れリスクが無い。
(ただし10年満期の国債は過去2回分、5年満期の国債は過去4回分の金利相当から20%の源泉分離所得税を控除した額がペナルティとして差し引かれることになる)

※2012年4月以降販売分については、国債の途中解約時のペナルティが統一される。

個人向け国債に関する特選サイト
個人向け国債について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

個人向け国債とは
個人向け国債とは(@国債の種類)

もしかして?(個人向け国債関連用語一覧)

  1. 後場
  2. 高金利通貨
  3. 個別元本
  4. 学資保険
  5. コモディティ

 

 

個人向け国債の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:こ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 債券投資 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

個人向け国債に関するクチコミ・投稿情報

個人向け国債に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り個人向け国債に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

【個人向け国債】貯金が1600万あります。32歳、年収は200万くらいの低所得者です。 この貯金は現在、普通預金に1100万、定期預金に50 …
定年退職時の退職金の運用はせいぜい国債(日本の個人向け)などで投資信託とかはやるべきでないという私の考えは古いですか? …
毎月100万円の余裕資金が確実に発生します。安全重視(元本保証)で最高の利益を得るための投資方法を教えてください。 毎月100万円の余裕資金 …
数千万円、10年位使う予定のないお金があります。 銀行に定期で1,000万1年預けたら1200円位(?)位利息がついてように思います。ガック …
何かあった時のために銀行においている現金、増えることを期待してはいけない? 収入のうちその月に必要な生活費を除いて、老後のための投資と何かあ …
現在独身時代の貯金約250万程。それとは別に生活費50万くらいは普通口座に残してあります。現在妊娠中でもう直ぐ子供を産むため、仕事ができなく …
21歳なんですが・・こういうのって印象悪いですか? 21歳女です。見た目は比較的派手に見られ浪費家っぽく見える様です↓ ・株 ・投資信託 …
3億円の金融資産を現金で保有しています。 寝かせておくのももったいないのでどこかに投資しようと思いますので 良いアドバイスをいただければと思 …
個人向け国債はズバリ買いですか? 宜しくお願いします。 …
100万円をこれから5年間で増やしたいので[個人向け国債]を始めようとしています。アドバイスありますか? その他で何か良いものはありますか? …
個人向け国債を買うとモテモテになる というCMが流れているそうですが、そんなやけくそになるほど国債の受け入れ状況はやばいのですか? …
安全資産を現預金と個人向け国債(変動金利10年)とに割り切って二分したと仮定します。資産の多寡や年齢やその他の条件によって変わると思いますが …