金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、市場商品への代表的な投資方法のひとつ。値動きがある商品を一定期間ごとに同じ「金額」を購入(投資)していく方法のこと。同じ「数量」を積み立てていく場合よりも取得原価を低くすることができる。定額購入法とも呼ばれる。

ドルコスト平均法は、外貨預金、外貨MMF、自社株積立、株式累積投資、金投資(純金積立)、投資信託など幅広い投資において利用される。原則としてある一定の金額単位で購入できるものであればすべてに応用可能である。

たとえば、毎月1万円ずつを投資していくとする。値動きがある商品の場合、値段が高くなったときは少量しか買えないが、値段が安くなったときは多くの数量を買うことになる。つまり、高いときはあまり買わず、安いときにたくさん買うということが自動的に可能となり、結果として投資金額の平均が安くなるという投資法である。

ドルコスト法のメリットは前述のとおり、平均取得価格を下げることができるというものであるが、一方で、取引コストが高くなる場合や値段が右肩上がりの商品の場合はいたずらに取得原価を引き上げてしまうというデメリットもある。

ドルコスト平均法に関する特選サイト
ドルコスト平均法について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

投資信託とドルコスト平均法

もしかして?(ドルコスト平均法関連用語一覧)

  1. 都市銀行
  2. トリガー価格
  3. 特別目的会社
  4. 特別口座
  5. 取引所集中義務

 

 

ドルコスト平均法の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:と行
サブカテゴリ(5):ジャンル別 , 投資一般 , 取引・トレード , 投資信託 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

ドルコスト平均法に関するクチコミ・投稿情報

ドルコスト平均法に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りドルコスト平均法に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

ドルコスト平均法について。 この間、お金に関するセミナーに参加しました。 そこでは、住宅ローンの話や、生命保険は入る必要がないとか言う話を …
海外ファンドの投資信託についてです。知り合いから「経済勉強会」という名目で勉強会に誘われ参加しました。 海外ファンド投資で成功した人が講師と …
積立投信を10年間したい。ドルコスト平均法についてなのですが、「10年間」だけでもドルコスト平均法の効果はあるのでしょうか? やっぱり20年 …
投資を始めたいです。何から始めれば良いでしょう? 現在サラリーマンをしていますが、今の給料だけでは将来が不安で、お金を殖やす技術を身につけた …
先日ドルコスト平均法という投資法を教えていただいたのですが、要するに毎月一定額のドルを買い続ける。ということでよろしいのでしょうか? メリ …
投資信託の分配金を毎月再投資していくことは ドルコスト平均法をしているのと同じことですか? …
ドルコスト平均法(毎月ファンドとか株式を一定金額ずつ買い付けていく方法)って今みたいに長期に下降トレンドが続く場合は駄目なんじゃないですか? …
分散投資が大事とよく言いますが 具体的にどのように分散するのが一番いいのでしょうか? 外国の個別株にも手を出しました。昨今の円安で利益が出 …
投資信託(ドルコスト平均法での購入)の販売手数料 ドルコスト平均法で投資信託を4年ほど続けており、 現在31歳です。 サブプライム等々で勿 …
投資初心者です。長期の資産運用を考えていますが、作ったポートフォリオが分散投資になっているのか等、いろいろなご意見・アドバイスをお願い致しま …
投資信託初心者です。少額ですが資産運用を考えており、証券会社勤務の友人に積立投資信託をすすめられました。 私としては20年くらいのスパンでの …
まとまった資金がある時のNISAの使い方をアドバイス下さい。 手元資金で、TOPIX ETFに100万円と、 先進国株式インデックス投信に …