金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

価格優先の原則とは

価格優先の原則(かかくゆうせんのげんそく)とは、オーダードリブン市場における価格決定のルールのひとつ。売買注文を成立させる際、成行注文が指値注文に対して優先される。さらに、指値注文の場合、高い値段での買い注文、安い値段での売り注文が優先されうという原則のこと。

たとえば、株式投資における板情報にある株式が300円で1000株売りに出されているとする。このとき、投資家Aが成行で買い注文、投資家Bが310円の指値で買い注文、投資家Cが300円の指値で買い注文を出したとする。この場合、三人の投資家すべての注文がこの売り注文に対する有効な買い注文とナルが、この注文の優先順位は投資家A>投資家B>投資家Cとなる。

仮に投資家Aが1000株の買い注文を出していた場合は、投資家BとCは価格優先の原則に基づき注文は成立しない、Aが600株、Bが300株、Cが400株の買い注文だった場合、AとBの注文はすべて約定するが、Cの注文は残りの100株分しか成立することはない。

なお、この際、投資家Bと投資家Cの指値の株価が同じだった場合は先に注文された投資家の注文が優先される。これを時間優先の原則と呼ぶ。ただし、価格優先の原則は時間優先の原則よりも優先される。

価格優先の原則に関する特選サイト
価格優先の原則について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

株式の注文方法

もしかして?(価格優先の原則関連用語一覧)

  1. 株主総会
  2. 外国人投資家
  3. ガンマ
  4. カントリーリスク
  5. 買われすぎ

 

 

価格優先の原則の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:か行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 株式投資 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

価格優先の原則に関するクチコミ・投稿情報

価格優先の原則に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り価格優先の原則に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

株の取引について、以下の場合はどういう形で約定するのでしょうか? 買い注文 Aさん→50万円(午前10:00 指し値) Bさん→100万円( …
保有株200円が急ピッチで下落していますので、売りに出したのですが、約定が出来ません。 100円に戻ったところで売りたいのですが、注文をどう …
約定の優先順位について質問があります。一つの銘柄に寄り付きから買い注文が殺到することがありますよね。このとき指し値の注文と、成り行きの注文と …
信用取引の約定方法について教えて下さい。 先日、信用取引において、9時前に320円で10000株の指値売り注文を出し、一日間の320円の約定 …
売り買いの指値注文で「買い値」「売り値」が逆転した場合の株価はどのように決まるのでしょうか? 最近勉強しはじめた株についてまったくの素人です …
FP技能検定での株の注文方法(価格優先の原則)について質問です。 指値注文の場合、売り注文では低い価格が優先され、買いい注文では高い値段が優 …
株式の注文についての質問です。 価格優先の原則から、成行注文が最優先されるそうですが、売り・買いの注文とも成行のみとなった場合、株価はどうや …
優先リートは普通リートはどう違うのですか?優先リートは償還時に原則、額面金額を受け取ることができる、と聞いたのですが、もし単位型の優先リート …
株式の注文方法の価格優先の原則では、指値注文と成行注文のどちらが優先されますか? …
株式市場の価格決定では、成行売と成行買が同時に出ている場合どちらが優先されますか? 例えば、ある銘柄で103円で売り注文が1つ、98円で売り …