金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

アンダーライティングとは

アンダーライティング(Underwriting)とは引受するという意味になる。証券用語といて使われるときは、証券会社が顧客企業の公募増資、売り出しの株式や社債などを引き受けるすることを指す。また、保険用語として使われる場合には、契約の申込があった場合に保険会社がその契約を受け入れることを指す。

ここでは、証券用語として解説する。
証券会社の主要業務には「ブローカー業務(株の売買を仲介する業務)」「自己売買業務(自己の勘定の元で有価証券等を売買する業務)」「アンダーライティング業務(引受・募集・売り出し業務)」がある。

アンダーライティング業務は直接金融を利用して市場から資金を集めようとする企業の為に、株式や債券などを一旦証券会社が引き受けて、それを投資家に対して販売する業務のことを指す。
証券が一旦引き受けることにより、発行企業は確実に資金調達をすることができる(仮に募集に証券会社が失敗した場合は証券会社自身が引き受ける必要になるため)。

アンダーライティングに関する特選サイト
アンダーライティングについて金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

証券会社の主要業務について

もしかして?(アンダーライティング関連用語一覧)

  1. アセットアロケーション
  2. アンダーパー(債券用語)
  3. アノマリー
  4. 新たな形態の銀行
  5. 安定配当

 

 

アンダーライティングの登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:あ行
サブカテゴリ(4):ジャンル別 , 証券会社 , 保険会社 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

アンダーライティングに関するクチコミ・投稿情報

アンダーライティングに関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りアンダーライティングに合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

こんばんは、日本経済史の証券業のことについて質問です。 1960年代、多数の証券会社が参入し、大手証券会社(野村証券等)は、多数の証券会社を …
証券用語の「アンダーライティング」とは? 証券用語について、お尋ねします。 「アンダーライティング」(underwriting)とはどうい …
証券会社の業務内容 業務自体は大きく4つにわかれるようですがそのうちの以下の2つの違いがよくわからないので教えてください>< 有価証券を …