金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

一物一価の法則とは

一物一価の法則とは、経済学上の概念。財・サービスの価格、取引が自由に行える市場では、同じ商品の価格は一つに決まるという法則を指す。自由市場経済において取引が自由に行え、かつ価格に関する情報が十分に与えられるのであれば、国内外を問わず同じ商品の価格は同一となるという説。

仮に、当初は同じ財がAという国では1000円、Bという国では800円で売買されていたとする。この場合は、Aという国とBという国との間では裁定取引(アービトラージ)が発生する。価格の低い市場(B国)では需要の増大により価格が上昇、価格の低い市場では供給量の増大により価格が下落する。
これにより価格差は収れんし、価格は一定になるという法則である。

ただし、一物一価の法則が成立するのは完全競争市場であるという点が前提とされている。完全競争市場は売り手と買い手が十分に存在し、当該財に対する情報の完全性(レモン市場ではない)、取引されている財の同質性、市場への参加・撤退が自由という点を満たす市場。

もしかして?(一物一価の法則関連用語一覧)

  1. 委託証拠金
  2. インターナショナルキャッシュカード
  3. IR(インベスターリレーションズ)
  4. イニシャルコスト
  5. 一括借り上げ

 

 

一物一価の法則の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:い行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 金融・投資理論 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

一物一価の法則に関するクチコミ・投稿情報

一物一価の法則に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り一物一価の法則に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

ビッグマック指数について疑問があります。 適正な為替レートを求める時に、ビッグマック指数を使用する ことがあります。 世界中でビッグマック …
為替レートについて wikiの為替レートの説明の一部に、 ”現在の為替レートで各国の賃金水準などを比較した場合に、大きな差が出る場合がある …
一物一価の法則の例をお願いいたします。 …
完全競争市場では【一物一価の法則】の法則が成立しますが、これが成立する理由を分かりやすく教えて下さい(>_<) …
一物一価の法則について。 一物一価の法則とは、あらゆる所で同一の商品の価格は等しいというものですよね?(前提条件の上) 国際金融論になると …
1年後の為替レートの計算が解りません。 問題 直物レートが$1=¥120となっています。 金利は¥金利率が2%PA.$金利率が5%PAとなっ …
トヨタが海外投資をしていますが海外投資の一番何に力をいれますか? 直接投資などありますが教えて下さい。 後、一物一価の法則=固定相場で …
為替レートがどのように決定されるかを理解するために、一物一価の法則と購買力平価と実質為替レートを理解することが重要だと大学で聞いたのですが、 …
購買力平価説report 「購買力平価説は妥当か?」 購買力平価説は、①物価が為替レートを決める ②一物一価の法則が成立 ③長期は成立するが …
現在、国際金融を勉強していて疑問に思ったことです。 生産国が同じ貿易財について一物一価の法則が成立する際に貿易財の実質為替レートが1に等しく …
裁定という行為によって、「一物一価の法則」が成り立つのはなぜですか? また、「一物一価の法則がなりたつことが市場メカニズが有効に働くうえで非 …