金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

応札倍率とは

応札倍率(おうさつばいりつ)とは、応募額を募入決定額で割った数字のこと。競争入札が行われる場合の人気度を示す。当然、応札倍率が大きくなるほど、人気が高いということになる。

応札倍率に関する特選サイト
応札倍率について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

国債投資ガイド

もしかして?(応札倍率関連用語一覧)

  1. オーバーパー(債券用語)
  2. 大引け
  3. オーバーアロットメント
  4. 大型株
  5. 大口定期預金

 

 

応札倍率の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:お行
サブカテゴリ(2):ジャンル別 , 債券投資

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

応札倍率に関するクチコミ・投稿情報

応札倍率に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り応札倍率に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

■イタリア国債入札通過…したけど■ 応札倍率は改善してたけど、利回りが4.9%って!! (※ 5月3.7% 6月3.9%) 通過したのは …
「米3年債入札、応札倍率が上昇し好調な入札に」というニュースがありましたが、一般的には為替にどういう影響があるのですか? ドル高傾向にあると …