金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

取引事例比較法とは

取引事例比較法(とりひきじれいひかくほう)とは、不動産の価値鑑定手法の一つ。対象となる不動産と条件が似ている近隣物件での実際の取引事例を集め、その事例から比較評価する不動産鑑定手法のこと。ただし、サンプル数が十分にある、適切な取引事例がなければ計算のしようがない。

中古物件の売買などで使われることが多いが、近年ではその不動産が生み出す収益に注目して価値を計算する「収益還元法」による鑑定もつかわれる機会が増えている。

もしかして?(取引事例比較法関連用語一覧)

  1. 都市銀行
  2. トリガー価格
  3. 特別目的会社
  4. 特別口座
  5. 取引所集中義務

 

 

取引事例比較法の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:と行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 不動産 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

取引事例比較法に関するクチコミ・投稿情報

取引事例比較法に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り取引事例比較法に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

日本で起きた有名な粉飾決算について教えてください。 大学で国際取引法という授業で粉飾決算について学んだのですが、 その手口や時代背景などに興 …
不動産担保について 不動産担保について、その評価方法は、一般的に原価法、取引事例比較法、収益還元法の3つによるものであってますか?? …