金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

直接還元法とは

直接還元法(ちょくせつかんげんほう)とは、不度さんの鑑定評価価格を求める手法の一つ。収益還元法と呼ばれる鑑定法の計算方法の一つ。不動産から得られる純収益を還元利回り(キャップレート)で割ることで計算される。同じ収益還元法の計算手法であるDCFと比較して計算が容易である。

純収益とは
対象となる不動産の賃料収入などの収入から、その維持管理費・修繕費用・租税公課(税金)・保険料・空室リスク等の各種リスク相当に値する費用を差し引いて計算したもの。

還元利回りとは
キャップレートとも呼ばれる。計算方法はさまざまであるが、一般的には4~6%程度の水準を利用することが多い。

直接還元法に関する特選サイト
直接還元法について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

収益還元法と不動産投資

もしかして?(直接還元法関連用語一覧)

  1. 貯蓄から投資へ
  2. 調整1株益
  3. 中央値
  4. 中国関連株
  5. 中心限月

 

 

直接還元法の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:ち行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 不動産 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

直接還元法に関するクチコミ・投稿情報

直接還元法に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り直接還元法に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

売価還元法について 売価還元法は、 期末商品売価に原価率をかけて、 期末商品原価を求めて、 差額から、売上原価を求めると 思うのですが、 …
直接還元法って意味がよく分からないんですが 要は、「今年の利益が100万円だった」 「この辺りだったら10%くらいの利回りが適当だろう」 …
決算整理事項の商品評価損について 売価還元平均原価法により、売価データが以下のように出ました 商品期末実地棚卸高 250,000円 しか …