金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

FFO倍率とは

FFO倍率(Funds from Operation)とは、REIT(不動産投資信託)の収益性を分析する手法のこと。FFOは当期純利益+減価償却費+(不動産売却損-不動産売却益)によって計算される。このFFOを投資口1口当たりに換算し、「投資口価格÷1口あたりFFO」で計算されるのがFFO倍率となる。

FFO倍率は事業会社における株価指標である「PER(株価収益率)」と類似しており、FFO倍率がREITの収益性と投資口価格のバランスとして重要視される。

FFOで売却損と売却益を控除するのは、REIT本来のキャッシュフローを生み出す能力を評価するためである。FFO倍率が低いほど生み出すキャッシュフローに対して投資口価格(株価)が割安であることを示している。
REIT評価においては他に、NAV倍率がある。

FFO倍率に関する特選サイト
FFO倍率について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

REIT投資ガイド

もしかして?(FFO倍率関連用語一覧)

  1. FOMC議事録
  2. FX
  3. FTSE100指数
  4. FOMC(連邦公開市場委員会)
  5. FFレート

 

 

FFO倍率の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:F
サブカテゴリ(4):ジャンル別 , 不動産 , 投資信託 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

FFO倍率に関するクチコミ・投稿情報

FFO倍率に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りFFO倍率に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした