金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

株式等振替制度とは

株式等振替制度(かぶしきとうふりかえせいど)とは、上場会社の株式の電子化(ペーパーレス化)に伴って、株主等の権利の管理を電子的に行うための制度。証券保管振替機構(ほふり)が実施。これにより、株式、新株予約権、新株予約権付社債、投資口、投資信託受益権(ETF)などの名義や株数などが管理されている。

株式等振替制度のメリットは、券面の発行をなくすことによる事務手続きや発行コストの削減。券面の焼失、紛失、盗難等のリスクの削減。証券取引をより迅速かつ効率的に行うことができる。株式交換や併合等の手続きの簡素化など挙げられる。

株式等振替制度に関する特選サイト
株式等振替制度について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

株券の電子化について
2009年1月をもって上場株券の電子化が行われました。今回はその電子化についてのしくみと、電子化されることにより何がどのように変わったのかをわかりやすく解説していきます。

もしかして?(株式等振替制度関連用語一覧)

  1. 株主総会
  2. 外国人投資家
  3. ガンマ
  4. カントリーリスク
  5. 買われすぎ

 

 

株式等振替制度の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:か行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 株式投資 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

株式等振替制度に関するクチコミ・投稿情報

株式等振替制度に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り株式等振替制度に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

株券電子化後の株式等振替制度では、配当や株式分割などの株主の権利関係はどうなりますか? …
「失念株」について 上場会社については株式電子化により、株式振替制度に移行しました。 その結果、上場株式については、理論上、いわゆる失念株の …
証券会社Aにある株券を証券会社Bに振り替えるには、「株券等の保管振替制度による保護預り株式等口座振替依頼書」を証券会社Aに提出するようですが …
株券電子化された上場株を、市場外の相対で売買したいのですが、決済方法が分かりません。 今預けてる某証券に聞くと、「他人間の振替は、扱わない …
株主名簿書換え請求権についての質問です。 譲渡制限の付いていない、株券不発行(振替制度も使っていない)の株式を譲渡する際、譲受人は、会社に対 …
特別会員1種の勉強をしてて、分からない箇所を質問します。 ○証券保管振替機構 有価証券の振替制度を運営している。 一般的にはほふりと呼ばれ …