金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

片端入れとは

片端入れ(かたはいれ)とは、金利・利息計算方法の一つで、利息計算初日または終了日の片方のみを入れて金利計算することを指す。両方を入れて計算する場合を「両端入れ」と呼ぶ。一般的には預金利息計算などが片端入れで行われる。

もしかして?(片端入れ関連用語一覧)

  1. 株主総会
  2. 外国人投資家
  3. ガンマ
  4. カントリーリスク
  5. 買われすぎ

 

 

片端入れの登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:か行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 金利 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

片端入れに関するクチコミ・投稿情報

片端入れに関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り片端入れに合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

手形割引の書き換えの場合、割引料の計算の基礎となる期間は、両端入れでしょうか、片端入れでしょうか。法律か何かで決まっていますか。 …
利息の日割計算の仕方を教えてください。お願いします。 決算の関係で会社の定期預金30,000,000円(利率0.1%)の未収利息(預入日3/ …