金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

貸借良化とは

貸借良化(たいしゃくりょうか)とは、信用取引における貸借が相場にとってプラスになっていることを指す。信用取引の買い残は将来の売り圧力であり信用取引の売り残は将来の買い戻し圧力となる。そのため、貸借(日証金等)において「買い残増減数-売り残増減数がプラス」の場合、将来の相場上昇圧力が強まったことになる。このようなパターンを「貸借良化」と呼ぶ。貸借倍率がより小さくなるほど貸借良化と呼ぶ。

対義語は、「貸借悪化」。もちろん信用取引の貸借だけが相場を左右するわけではないが、特に仕手化している銘柄などでは売り残の増加を材料に株を買っていくような場面もあり、注目されることがある。

貸借良化に関する特選サイト
貸借良化について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

貸借倍率と信用取引

もしかして?(貸借良化関連用語一覧)

  1. 立会市場
  2. 代用掛目
  3. 短資会社
  4. 単位株
  5. 代用有価証券

 

 

貸借良化の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:た行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 信用取引 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

貸借良化に関するクチコミ・投稿情報

貸借良化に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り貸借良化に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

貸借良化、悪化について教えてください。 ネット等で調べた所、いくつかの用語解説的なHPで、以下の同じような解説がありました。 この②の意味 …
株式で売り禁&増し担保規制が入った場合株価はどうなりますか? もう相場は終了でしょうか?それとも信用の買いが入らなくなり貸借倍率が良化して相 …
『貸借が良化』とは? 貸借 良化とは貸借倍率が1倍近くになることを指しますのでしょうか? …
貸借倍率が良化しているにも関わらず、日証金の逆日歩が減っている 事例で考えられる理由を教えて下さい。 半年以上に渡り逆日歩0.10で、株価 …