金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

標準利率(生命保険)とは

標準利率(ひょうじゅんりりつ)とは、保険会社が将来の保険金支払いのために積み立てている「責任準備金」の計算利率として義務付けている金利のこと。10年もの国債の過去3年などを元に決定される。2012年現在では1.5%、しかしながら、2013年4月は1.0%に引き下げが予定されており、これによる保険料上昇が懸念されている。

標準利率が上昇すると、保険会社が準備しなければならない責任準備金の額は小さくなる。逆に標準利率が下落すると保険会社は準備すべき責任準備金の額は大きくなる。
これにより、実際の生命保険の保険料や予定利率も変わってくることになる。

標準利率の引き下げが行われれば、保険会社が集めなくてはならない保険料もその分大きくなる。
そのため、保険料の値上げが行われることになる。逆に、標準利率が引き上げられればその分保険料は値下げされることになる。

(解説)
100万円の資金を10年後にためるために必要なお金はいくらでしょうか?
金利3%の場合:約74万円
金利1%の場合:約90万円
このように、将来必要なお金を準備するために必要な現在の資金は運用利率が高いほど少なくて済み、運用利率が低いほど多く必要になる。標準利率が引き下げられたら、当然今必要になる額がたくさん必要になるので契約者に負担してもらう保険料もアップするわけである。


ちなみに、標準利率の増減による保険料への影響は、支払う保険料の内、どの程度が責任準備金への積立されるかによってことなる。貯蓄性の高い保険ほど影響が大きく、一般的には影響の大きい順に「終身保険」「養老保険」「定期保険」となる。

過去の標準利率
1999年3月末以前:2.75%
2001年3月末まで:2.00%
2013年3月末まで:1.50%
2013年4月1日以降:1.00%(予定)

標準利率(生命保険)に関する特選サイト
標準利率(生命保険)について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

生命保険見直しガイド

もしかして?(標準利率(生命保険)関連用語一覧)

  1. 悲惨指数
  2. ビットコイン
  3. 引受基準緩和型医療保険
  4. 日柄調整
  5. 表面利率

 

 

標準利率(生命保険)の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:ひ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 保険会社 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

標準利率(生命保険)に関するクチコミ・投稿情報

標準利率(生命保険)に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り標準利率(生命保険)に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

確定拠出年金についてアドバイスをお願いします。 妻の企業が確定拠出年金にするということで、現在悩んでおります。 現在のところ 元本確保:投資 …
保険のアドバイスをお願い致します。 保険に加入していなかったので、いろいろ調べた結果、今度新規に下記の保険に加入しようと思っています。 これ …
お宝保険といわれる生命保険の質問です。定期つき終身保険で定期部分は終わりました。主契約だけ残っています。 1996年以前の契約の保険は標準利 …
【生命保険料率の改正】 本日の毎日新聞の記事に生命保険料の値下げが2014年4月から行われる可能性がある旨の記載がありました。元々2013年 …
国(金融庁)は、生保離れを防ぐ必要があるのはなぜでしょうか。 以下の記事を読んで思ったことですが 国(金融庁)は、生保離れを防ぐ必要があるの …
生命保険講座の保険計理について教えてください。 養老保険の年払営業保険料の算出方法が分かりません。 テキストや過去の質問を見ても、公式が分か …
日本生命の値下げ 生命保険の標準利率が2014年4月から改正され、 掛金が上がるということで、 貯蓄型の個人年金を契約しました。 しかし …
25年4月よりソニー生命の変額終身保険の積立利率は何%になるのでしょうか? 至急教えて下さい。 ソニー生命の変額終身保険の積立利率は何%にな …
最近生命保険で悩んでいます。 ・年齢:30代前半 ・保険:社会保険 ・家族構成:シングル ・収入&資産:それなり ・死亡保障未だ不要 ・入 …
生命保険料率の改定(2012年4月)について、できるだけ分かりやすく教えてください。 先日保険屋さんから3月末で保険料が変わるから早めに加入 …
H24年4月から予定利率の引下げで保険料値上げ!積立利率変動型保険は利率が下がる。という記事を見ました。 標準利率は現行の年1・5%から1・ …
保険料の考え方についておしえてください 生命保険商品の一般的な純保険料の考え方について、最も適切なものはどれになりますか? 1. 予定 …