金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

明記物件とは

明記物件(めいきぶっけん)とは、火災保険において1個または1組の価格が30万円などを超える貴金属や宝石、骨董品などを指す。これらの明記物件は火災保険の保険証券に明記して契約をする必要がある。これが行われていない場合は万が一、火災被害等にあった場合でも保護されない。

さらに、100万円を越えるようなものについては、通常は火災保険の範疇ではなく、別の保険で対応する必要がある。

もしかして?(明記物件関連用語一覧)

  1. メンタルアカウンティング
  2. 名義預金
  3. 名目金利
  4. 名義書き換え(株券)
  5. 銘柄コード

 

 

明記物件の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:め行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 保険会社 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

明記物件に関するクチコミ・投稿情報

明記物件に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り明記物件に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

盗難保険について教えてください。 空き巣が入り貴金属、ブランド時計、現金等盗まれました。(ネックレス24k30万円相当、ブランド時計5点75 …
火災保険について質問します。契約の方法として建物は時価額か再調達価額があるとおもうのですが、この時の建物の金額は誰がいつきめているのでしょう …
家財保険の明記物件について教えてください。 持ち家で火災保険・地震保険は三井住友海上で入っていますが、このたび家財保険をあいおい・ニッセイ同 …
震災保険の明記物件について 震災保険では30万円を超える貴金属や骨董品、美術品は対象外とあるのですが、 オーディオ等のスピーカーやアンプなど …
住宅の火災保険の明記物件の定義には 「1個または1組の価額が30万円をこえる貴金属、宝石、書画、彫刻物などの美術品、 稿本、設計図、図案、 …
30万円以上の価値のある貴金属は「明記物件」としなければ火災保険にも地震保険にも保障がないのでしょうか? …