金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

レモン市場とは

レモン市場とは、「情報の非対称性」が著しい市場(マーケット)のことを指す。取引相手間において、商品やサービスについての情報量にさが生じており、買い手が品質について正しい情報を知ることが出来ないため、結果として不良品が出回る市場を指す。代表的な市場としては中古自動車マーケットが指されることが多い。

たとえば、例の中古自動車であれば、売り手はその中古車の程度(痛みなど)を知ることが出来るが、買い手は理解できない。このような状況であれば売り手は買い手との情報の非対称性を利用して、粗悪品を良質な中古車として販売するリスクがある。それを買い手が理解していると言うのであれば、市場には粗悪品しか出回らないということになる。

たとえば、良質中古車:100万円、粗悪中古車:50万円だとする。
この場合、買い手は販売される自動車が良質か粗悪(レモン)かがわからないため、購入しても良いと考える価格はその中間(仮に良質とレモンの割合が半々とした場合)の75万円となる。
売り手は、良質車は100万円だが、買い手予算は75万円なので販売できない。結果として、50万円の粗悪中古車(レモン)しか市場に並ばず、購入できなくなる。このような状況のことを経済学用語で「逆選択」とも呼ぶ。

ちなみに、中古車市場にかかわらず、情報の非対称性が存在する市場はたくさんある。たとえば、日本国内における不動産市場などもレモン市場と言われている。

レモン市場に関する特選サイト
レモン市場について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

不動産市場の抱える問題点は不透明さとインサイダー

もしかして?(レモン市場関連用語一覧)

  1. レバレッジドローン
  2. レバレッジETF
  3. レシオスプレッド
  4. 連邦住宅金融抵当公庫(フレディマック)
  5. 連邦住宅抵当公庫(ファニーメイ)

 

 

レモン市場の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:れ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 金融・投資理論 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

レモン市場に関するクチコミ・投稿情報

レモン市場に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りレモン市場に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

自分で採った野菜を売りたいのですが、個人が市場に持ち込むとか できるのでしょうか? 山をもっていて、栗やレモンなどを(無農薬)売りたいと 思 …
マクロ経済学の質問です。解答お願いします。 「レモン・マーケット」(中古車市場)の原理が,次の事例に対して適用できるか否かについて,適用でき …