金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

DOE(Dividend on equity ratio)とは

DOEとは、株主資本配当率(純資産配当率)とも呼ばれる指標の一つ。株主資本に対して企業がどの程度の配当を行っているかを見る指標。「年間の総配当金額÷株主資本(1株配当÷1株益(EPS))」で計算することができる。別の計算方法として配当性向(%)×ROE(株主本利益率)でも計算することが可能である。投資家の元本である株主資本に対してどの程度の配当を出し、還元することができたのかを見る指標である。

株主還元を重視する企業の中でも、このDOEを目標とする企業が出てきた。

もしかして?(DOE(Dividend on equity ratio)関連用語一覧)

  1. DCF
  2. DI(Diffusion Index)
  3. DDM
  4. DTC(Depository Trust Corporation)
  5. DAX株価指数

 

 

DOE(Dividend on equity ratio)の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:D
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 企業 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

DOE(Dividend on equity ratio)に関するクチコミ・投稿情報

DOE(Dividend on equity ratio)に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りDOE(Dividend on equity ratio)に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

日本企業は株主配当率(DOE)が低いのに、なぜ外国人投資家は東京株式市場を牛耳りたがるのですか? 外国人投資家にとっての東京株式市場のウマミ …
DOEの出し方を教えて下さい。配当総額÷株主資本ということみたいですが、具体的にYAHOOファイナンスの各企業のデータを見て算出するしかたを …