金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

本人確認資料の補助資料とは

本人確認資料の補助資料とは、銀行や証券会社などで本人確認が求められている金融機関を利用する場合で、本人確認書類上の住所と、現在の住所に相違がある場合に求められる書類のこと。一般的には公共料金の領収証の原本がこれにあたる。

・国税または地方税の領収証または納税証明書
・社会保険料領収証
・公共料金の領収証(電気・ガス・水道・電話・NHKなど)

上記を補助資料とする銀行が多い。なお、いずれも原本である必要があり、住所、氏名、領収日付が確認できるもので、発行日より3カ月以内というような期限があることも多いので注意。

本人確認資料の補助資料に関する特選サイト
本人確認資料の補助資料について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

実際の住所と本人確認書類の住所が違う時の口座開設

もしかして?(本人確認資料の補助資料関連用語一覧)

  1. 法人企業統計
  2. ボラティリティ・インデックス
  3. ポジティブサプライズ
  4. ポジション調整
  5. 本質的価値(オプション取引)

 

 

本人確認資料の補助資料の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:ほ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 銀行 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

本人確認資料の補助資料に関するクチコミ・投稿情報

本人確認資料の補助資料に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り本人確認資料の補助資料に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

ジャパンネット銀行の口座開設の際に必要な手続きについて 本人確認資料と補助資料を封筒に同封して送ってくださいと書いていたのですが、 補助資 …
ジャパンネットの本人確認書類の補助資料で公共料金のって親名義じゃ使えないですよね? …
ジャパンネット銀行の口座を開設する手続きについて 本人確認資料と補助資料の2つを封筒に同封して下さいと書いてあるのですが 僕は親と同居して …