金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ハト派・タカ派(金融政策用語)とは

日銀やFRB(連邦準備制度理事会)などの中央銀行の発言内容について「ハト派」「タカ派」といった表現がされることがある。こうしたハト派、タカ派という言葉の意味を紹介。

ハト派(dovish persons)、タカ派(hawkish persons)というのはそれぞれ政治用語として使われてきました。ハト派=穏健派・平和主義。タカ派=強硬派。といった意味で使われる。

金融政策においては、中央銀行理事などの発言内容が、ハト派的、タカ派的といったように表現され、金融引き締め、金融緩和の材料とされることがある。

ハト派・・・景気の見方は慎重であり、金融緩和政策を志向する。

タカ派・・・景気の見方は強気であり、金融引き締めを志向する。

といった具合になる。中央銀行総裁やFRB議長といった発言力の高い要人の発言がハト派的であれば、「株高、債券安」につながりやすく、タカ派的であれば「株安、債券高」につながりやすいとされる。

もしかして?(ハト派・タカ派(金融政策用語)関連用語一覧)

  1. 市場介入
  2. 財政政策
  3. 市場経済
  4. 混合経済
  5. 中央銀行

 

 

ハト派・タカ派(金融政策用語)の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:金融政策
サブカテゴリ(2):た行 , は行

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

ハト派・タカ派(金融政策用語)に関するクチコミ・投稿情報

ハト派・タカ派(金融政策用語)に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りハト派・タカ派(金融政策用語)に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした