金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

連邦準備制度理事会に関するQ&A

連邦準備制度理事会に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「連邦準備制度理事会」をご覧ください。

2013年05月18日 Q.質問
なぜ円相場が円安に進んでるんですか? アベノミクスで 日本の景気がよくなれば円高になるはず・・・ アメリカ景気のほうがいいからですか? もうすぐ120円突破の声も出ています。 ↓ 1ドル103円台突入! NY外為「120円台まで動く可能性も」 2013.05.18 日本の輸出産業に猛烈な追い風が吹いている。円安ドル高傾向が一段と進み、17日のニューヨーク外国為替市場で1ドル=103円台まで進んだ。市場では「いずれは120円台まで動く可能性がある」(外資系証券)との見方もあり、輸出関連産業のさらなる業績改善につながりそうだ。 まさにイケイケドンドンだ。17日のニューヨーク外国為替市場で円相場が、2008年10月以来、約4年7カ月ぶりの円安ドル高水準となる1ドル=103円台に下落した。同午後5時現在103円19~29銭と、前日同時刻比1円01銭の円安ドル高で推移している。 米連邦準備制度理事会(FRB)が現在の金融緩和策を今後縮小させるとの見方が一部で強まったことや、17日午前中に発表された米個人消費関連の経済指標が市場予想を上回ったことから、米経済の先行き期待が高まり、ドルが買われた。 円相場は今月9日にニューヨーク市場で1ドル=100円の大台をつけた後、円安が加速。約1週間でドルに対して約3円も落ちたことになる。 17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米経済の先行き期待から反発し一時、取引時間中の史上最高値となる1万5303・18ドルをつけた。円安と米株高を材料に週明けの東京株式市場にも影響を与えそうだ。 市場では「日銀の金融緩和策が長期化するとの見方が一般的になりつつあり、1ドル=110円程度までは円安が進む可能性もある」との声が聞かれたほか、「2年以内に120円の水準まで動く可能性は高い」(外資系証券)との観測も流れる。 円安傾向が長く続くと、原材料や原油など輸入品の値上がりなどマイナス面も出てくるが、「トータルではプラスの効果が大きい」(市場関係者)。専門家の見立て通りに動いていくか。 http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20130518/inv1305181423000-n1.htm
2013年05月23日 A.回答
円安というのは、円が売られている証で、悪く言えば信用を 失くしている状態です。 元々、日本は資源を輸入し、加工して付加価値を付けて輸出 して利益を得て来ました。 確かに輸出企業は利益が出始めていますが、輸出自体が増える までには少し時間も必要でしょう。貿易赤字は過去最大ということ でしたが、輸出は増えてはいないが、輸入金額が膨らんでいると いうのが実態なのかもしれません。 個人的には、今の為替相場が円安とは言えないと思っていますが、 下げ幅が大きいので海外からも問題にはされるのでしょう。 現実には、輸入品が値上がりした分を、消費者や下請け企業が 被ることになっています。本当に恩恵があるまでに、下請けの金額 が上がる、収入が増える、そんな嘘のようなことにならなければ、 国民自体の恩恵はなさそうです。 もしかすると、このまましわ寄せを受けままで終わるかも・・・むしろ その方が可能性が高いかもしれません。 円安になったことで、インフレは間違いなく起こります。 でも、下請け企業の料金を上げてくれるということは、期待出来ない 流れがあります。 消費税も上がるでしょうし、財政的には上げざるを得ないこともよく 理解はしています。「年金は75歳から」などと冗談のような発言まで あるくらいですから、財政がひっ迫していることも確かです。 今までの円高に甘えていた面もあると思います。 原油や穀物なども値上がりしていたのに、円高のおかげで抑えられて いたことは確かです。 インフレになる、消費が落ち込む、消費税率は上がる、そして消費税後 の大不況は起こる。生き残るのは輸出出来ている大企業だけかもしれ ません。 事実、消費の落ち込みははっきりしていますし、人口も減ります。 プラスに働いている雰囲気だけで、苦しい生活になって行くのも、間違い ありませんね。 いつか、本当に信用を失って円安が加速するような不安があります。 まずは、議員や公務員からしっかり贅肉を削ぎ落として、その後で、つけを 回して欲しいものだと思います。 倒産や貿易収支など、この数か月を見れば、実態がわかるはずです。 今のやり方では、決してプラスになど働かないと確信しています。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN