金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

オプション取引に関するQ&A

オプション取引に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「オプション取引」をご覧ください。

2014年08月21日 Q.質問
エリオット自身でさえ同理論を使って本物の市場で実際に儲けることができなかった。 実践FXトレーディング(イゴール・トシュチャコフ著)のP.61より 考案者の名前が冠されているテクニカル分析(例えば、フィボナッチやダウのリトレースメント理論、エリオット波動論、ギャン分析手法)は役に立たない。 エリオット波動論は過去の出来事を正確に説明できることはあるが、将来については大まかな予測しか提供できない。 同理論は儲けるための本当のツールではなく、心理的なエクササイズにしか使えないと思う。ひとつのケースに対して沢山のオプションを想定しており、豊富なトレード経験が前提になっている。 つまり、同理論は一般トレーダー向きの実用的なツールというよりも、知的トレーダー向きのの脳トレパズルにしかすぎない。 エリオット自身でさえ同理論を使って本物の市場で実際に儲けることができなかったことを覚えておこう。 これとは対照的に、リトレースメント理論は私の取引手法においても容易かつ無理なく使うことが出来る。なぜなら、実際の状況で厳密なレート水準を指し示すことができるからだ。 と書かれています。 私は、書籍を読んでいる途中なので勉強不足であり、まだ分からないことだらけです。 今後、この意見に対する反対論的な意見の書籍も読んでいくとは思いますが、 現在の知恵袋ではエリオットやフィボナッチの話が頻繁に出てきているのをみて、 現時点で、みなさんのご意見を伺うために質問をします。 みなさんのエリオット波動論やフィボナッチに対する『個人的な考え』をお聞かせ下さい。 よろしくおねがいしますm(_ _)m
2014年08月22日 A.回答
誰かがこう云った この本にはこう書いていた ではその本が絶対か それも一つの意見に過ぎないのでは 活字になれば神聖化する癖は止めて 凡ては自身の取引のため 同じ道具でも 自身が遣えなきゃ意味ないし 自身が遣えるように工夫するべきかどうか その判断 その取捨選択も自身 本を読むたびに 他人(ひと)の意見を求め その意見に左右されるは笑止 凡てを鵜呑みにせず 凡てを疑わず まず読む とことん読む で 自身は今 同じ釣り船 同じ竿 同じ仕掛けで釣り糸垂れて 釣果揚げる者凡てを失う者 人それぞれ
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN