金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

優先株に関するQ&A

優先株に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「優先株」をご覧ください。

2014年11月30日 Q.質問
100万を元手に株の投資を始めようと思っています。 開始時期は2015年7月までにと考えています。 スタンスは長期投資。年利+17%で30年間で1億を目指したいと思います。 またよほどのことがない限り年間50万ずつは株の投資用に捻出できると思います。 (酒タバコギャンブルをしない上貯金が苦じゃないぼっちなので) 買うのは基本「業界大手」かつ「配当金利回りが3%以上」の会社。 配当金は全て再投資に回す。 優待品は特に気にしない。 貸株サービスを利用できるものを優先する 現物のみ、信用取引・短期の投資はしない 年間50万分を買い増しする この条件で運用したいと思い今年9月頃から勉強とデモ取引をしています。 既に株の投資を行われている方々にアドバイス頂けると幸いです。 こうすべき、このような考えもあるなどご教授下さい。 よろしくお願いします。
2014年12月06日 A.回答
厳しい回答をされている方もいらっしゃいますが、業界大手・配当3%以上、中長期の株で年17%で回すのは非常に難易度が高いと思います。 譲渡損益に対する税金が20%、ニーサとの併用や一時的に軽減税率があったと仮定しても、やはり年に20%以上の譲渡益を上げ続けていかなくてはなりません。 株の売買で30年一億円を目指すことは不可能ではありません。 ただし、レバレッジをかけた信用取引や空売り、新興株やオプションラージなどのハイリスク・ハイリターンの銘柄選定。リーマンショック時のような不況における立回りも必要になってきます。 「大手、3%以上、中長期」という言葉にできればリスクは最小限に留めたいというニュアンスを私は受け止めました。 それなら年5~7%で運用できれば上出来だと思います。 住友商事のようにひとつ大型プロジェクトに失敗すれば、高配当銘柄から一転して、配当未定・株価下落ということもあります。(というか30年あれば安定株でも、まずこのような局面に直面するかと思います) 一億という高い目標を持って投資を始める心意気は素晴らしいと思いますが、そのためには高いリスクと長期間戦い続ける運や能力が必要になることを肝に命じておいてください。 ご健闘をお祈り申し上げます。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN