金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

引受基準緩和型医療保険に関するQ&A

引受基準緩和型医療保険に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「引受基準緩和型医療保険」をご覧ください。

2015年09月18日 Q.質問
保険の加入を考えています。 新たに医療保険の加入を考えています。(かんぽが満期を迎えるため) 県民共済には加入済みです。 そこで、FPの方に相談したところ、私は持病があるため引受基準緩和型の保険しか加入できないことが判明しました。(持病は一生付き合っていくものです) 引受基準緩和型の保険は保険料が割高になるし、保障がつけにくいので加入を勧めない、高額療養費制度などの国の保障があれば十分だ、その分貯蓄した方がいいなどというネットでの書き込みをよく見ます。 後日、FPさんと相談するので、その前に自分でもパンフレットを色々ともらってきて比べているのですが、だんだん分からなくなってきてしまいました。 引受基準緩和型の保険は、通常の保険より保険料が割高になります。 県民共済だけでは、60歳以降の保障が心許ないと思うのですが、緩和型の保険に加入するのはやはりオススメではないのでしょうか? 私自身は、何かあった場合に、貯蓄を取り崩しして治療に充てるよりは、保険でまかなえればと思う反面、割高になってしまう保険料に躊躇する気持ちもあります。 また、もし緩和型の保険に加入する場合、オススメはありますか? 独身なので、死亡保障は必要ないと思っていますが、ガン保険は必要かなと思っています。 FPさんにももちろん相談しますが、勧められるまま契約してしまいそうで、他の方の意見を聞きたいと思います。 お願いします。
2015年09月19日 A.回答
確かに共済では60歳以降の保障がどんどん減っていきます。 後期高齢者医療が始まる75歳までは3割負担なので 入院が続くと心配にはなりますよね。 保険は結局安心を買うものなので 質問者さんが保険料は少々高くても 安心を買えるからいいんだと思うのなら 引受基準緩和型の医療保険に入ってもいいと思います。 現在のご年齢がわからないので的外れかもしれませんが 例えば60歳まであと数十年あるのなら 緩和型の保険に入ったと思ってその保険料を 貯金するのも一つの方法だと思います。 そこで100万貯まったとしましょう 一般的な医療保険で入院1日5千円 1回の限度日数60日 5千円×60日=30万円 もらえるのはこれぐらいです。 手術を受けたら10万プラスぐらいでしょう・ 100万あれば入院1日5千円コースの場合 180日入院した時と同じぐらいの金額になります。 これだけの金額を医療保険からもらうのは なかなかないと思います。 それなら緩和型の医療保険に入ったつもりで貯金するのも 一つの方法かなと思います。 60歳までは県民共済の保障があるので困りません。 今入っておいたほうがいい保険は がん保険だと思います。 がんになった時の保障は県民共済の標準の保障では 足りません。 幸い持病のある方でも、がん保険なら大丈夫な場合も多いので まず検討するのならこちらです。 どうしても緩和型医療保険に入ろうと思うのなら お勧めはメットライフ生命のフレキシィゴールド もしくはメディケア生命のメディフィットRe がお勧めです。 フレキシィゴールドは退院後の通院がつけれたり 三大疾病の入院日数無制限のオプションがあります。 1回の限度日数も60日と120日で選べたと思います。 メディフィットReは通院などありませんが 基本保障で内容が良くて保険料が安いです。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN