金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

リスクヘッジに関するQ&A

リスクヘッジに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「リスクヘッジ」をご覧ください。

2016年01月07日 Q.質問
老後の資金に向けて・・・投信に興味があります。 今年44歳になる女性会社員です。 縁がなく、この年まで独身なので、おそらくこのまま行くであろうと思っています。 最近、老後資金についてとても気になっており、投信に関心があります。 今年から月に最低5万~最高10万円程度 老後資金のために貯蓄に回そうと計画していますが、普通に貯金していたのでは潤沢な老後資金になりません。 投信を活用すれば、貯金するよりはある程度増えていくという記事を日経で読み、挑戦してみたいと思いました。 が、私は株なども買ったことがなく、その辺の知識が全くありません。 ヘッジファンドなどの専門用語?も全く分かりません。 元手が増える=リスクがある、という思い込みもあり、なかなかそういう分野に手を出せないままでいます。 これから少ない資金を確実に増やしていくにはどう運用したらいいのか、そういう相談をどこでしたらいいのか、が分かりません。 お詳しい方、まずはどこで相談したら良いか、どういう方向性で臨んだらいいかをアドバイスいただけないでしょうか。 どうぞ宜しくお願いします<(_ _)>
2016年01月22日 A.回答
確かに普通に貯金していたのでは、なかなかお金が増えてくれませんよね。。 日経新聞に書いておる通り、老後資金準備として投資信託を活用することは、とてもいい方法だと思います。 運用はプロがやってくれますし、自動積立のサービスがあるので、手間がかかりません。 積立額の変更ができますので、ライフプランの変化に柔軟に対応できます。 さらに、確定拠出年金を組み合わせると、より効率的に貯めることができます。 なぜなら、掛金が全額所得控除になるからです。所得税と住民税が安くなります。 ただ、投資信託、確定拠出年金、どちらもリスクがあります。 しかしご安心ください。 きちんとリスクをコントロールできる簡単な方法があります。 詳しくはこちらが参考になりますよ。 http://fp-onizuka.com/mailmagazine
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN