金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ジャンク債に関するQ&A

ジャンク債に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「ジャンク債」をご覧ください。

2016年02月06日 Q.質問
厚生年金や国民年金は解約できますか? 年齢は40前半ですが、労使折半で既に1500万円以上を公的強制年金に払い込んでいます。65歳を越えて貰えるか貰えないか分からない不安定な年金にこれ以上積み立てたくありません。年金資金をGPIFを通じ、国内外の株式にヘタクソ素人運用し、ジャンク債にまで手を出し、おまけにマイナス金利の時代なので年金システムの前提は崩壊しています。年金開始年齢もおそらく70歳を越えての雀の涙ほどの月額過少年金は一切要らないので、今後、全く割りに合わない高額な給与天引き年金を辞めたいです。実質解約できる何か良い手はあるのでしょうか?掛け金はせめて自分が負担した分の半額戻って来れば良いと思っています。解約金半額は全く詐欺みたいなもんですよねW. 同じ年金でもよっぽど民間の個人年金のほうが良かったです。
2016年02月13日 A.回答
会社員をやめて国民年金に移行し、一切支払い拒否しつつ強制徴収からも逃れる、くらいでしょうか……もしくはいますぐ車道のダンプに飛び込んで車椅子生活になれば払う側からもらう側になれるのでそれを狙うか…… まぁわかった上での皮肉だと思いますが、現在の賦課方式の年金は、払った金はそのまま右から左に高齢者の財布に吸い込まれているわけで、解約もクソも積立られてすらいないので、取り返す方法はありません そもそも年金は、実質上税金です。しかも高齢者へ、という特定財源化した高額の強制徴収の税金みたいなもんです。政治を変えない限りは老人優遇、若者不遇のこの国の現状はどうにもなりません
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN