金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

一時払い終身保険に関するQ&A

一時払い終身保険に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「一時払い終身保険」をご覧ください。

2016年03月27日 Q.質問
医療保険、がん保険について悩んでいます。 28歳の男です。 現在加入する医療保険に悩んでいます。 今、加入している保険は、共済の生命保険のみで入院日額6000円です。 手術給付金等はありません。 そこでおススメの医療保険は何かありませんか? 私の希望としては、三大疾病(特に癌)について備えておきたいと考えています。 がん保険、三大疾病保険で今悩んでいるのが、 AIG富士生命のガンゼストゴールドαとチューリッヒ生命の三大疾病プレミアムです。 富士生命の方は、給付金支給条件が2回目以降も入院または通院となっており一時金のとりっぱぐれは無さそうですが、個人的には放射線治療、抗がん剤治療についても保障してほしいな、と思っています。 また、チューリッヒの方は、三大疾病を含めた手厚く保障されているとは感じますが、一時金の給付条件が富士生命より悪く、実際三大疾病になったときに保障してくれるのか不安です。 三大疾病給付金は、昔はがん以外おまけのような存在でしたが、近年は給付条件が緩和されています。だからと言って今の条件(手術または20日以上の継続入院)は妥当なのでしょうか? 富士生命は、癌であれば自由診療でも一時金がでる点については魅力的ですが、中身の保障内容はチューリッヒの方が魅力的です。ただ、約款所定の治療した場合のみの給付。がんの治療って、厚生省が認可している方法で行われるのは何%ぐらいなのでしょう? また、三大疾病に限らず、通常の医療保険も入ろうと考えています。 月額の保険料が合わせて5000~6000円以下、入院給付金は5000円で考えています。終身保険の終身払いです。 上記の条件で、三大疾病(特にがん)の保障を現実に即した形でしっかりし、+αで入院・手術を賄うための医療保険の良い組合せはありませんか? 今私が考えているのは、 富士生命「ガンベストゴールドα(基本プラン+先進医療+入院・手術)」+東京会場日動「メディカルキットNEO」 または、チューリッヒ「三大疾病プレミアム」+メディカルキットNEO です。 長々と失礼しました。どうぞよろしくお願いします。
2016年04月03日 A.回答
私もスマイルセブン推奨。 一時金払い7大成人病保険(掛捨て)ですが、がん保険単体としても優秀。 >スマイルセブンは基本一時金給付ですよね?積立型。 >それより僕は、いざなったときの治療をサポートしてくれるタイプの保険に入りたいと思っています。 男性のガンの罹患率は若いときは極めて低いです、実際にガンになるのは30年後以降。(女性は女性特有のガンに40代以下でも結構罹ります) その時に、放射線治療、抗がん剤治療が続いているかどうかわかりません。30年前のがん治療を調べてみたら、どれだけ変わっているかわかるでしょう。 ですので、20代で終身保険に入るのであれば、所定の治療法で支払われるタイプよりも一時金のほうが良いと思います。 あるいは、がん保険+医療ではなく、普通の医療保険にガン診断金をつけるだけでも良いと思いますよ。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN