金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ブラックリストに関するQ&A

ブラックリストに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「ブラックリスト」をご覧ください。

2016年05月03日 Q.質問
お金に関する質問です 経営者の彼氏がいます 私はだらしがなくてブラックリストにいます。 携帯の督促状とかきたことが何度かあります。 それは3年くらい前の話ですが、携帯をローンで買えないところをみると、まだリストにいます。 カードは気をつけていたつもりでしたが、先月もカードを3年ぶりくらいに滞納してしまいました。 今月も危険です。 キャッシングもしています。 クレジットカードは1つしかありません。 母子寡婦金で借りてるローンがありますが 3年くらい前に滞納した数十万が滞納しっぱなしになっています。 とにかく3年前の私は酷かったです 先月わけあって仕事をやめて、そこからまたカードを滞納するようになってしまいました。 また仕事をはじめたので、来月にはもちなおせるとおもいます…蓄えもなく、予期せぬ出費があったとはいえ、クレジット履歴にまた傷がついたことは間違いありません。 彼と結婚の話しになって全てを打ち明けたのですが、経営者の彼にとってブラックの履歴は困るといわれました。 私はこれらの借金 キャッシングの分と、母子寡婦の滞納分を支払いしてから結婚して苗字を変えれば大丈夫と思ってたのですが…やはり履歴は消えず彼に迷惑をかけてしまうことになってしまうのでしょうか?? 詳しい方おねがいいたします
2016年05月10日 A.回答
今は姓を変えたくらいで個人の管理ができなくなるほどずさんな情報管理体制ではありません。 女性の場合ですと、結婚を機に姓が変わることは貸し手側も重々承知しています。 債権者は役所から、その債権の回収の用途として戸籍や住民票を取得可能なので、逃げようがないのが事実です。 ただ、あなたの金融事故の履歴が直接的に他の人に影響を与える場面はそうそうあるものではありません。それは配偶者が経営者という立場でもです。 例えば、銀行から融資を受ける場合、債務に携わらないあなたに関与する余地はほぼ無いと言えます。 それと、信用情報上の金融事故はその原因となった債務の滞納を解消すれば、5年後には綺麗に復活します。 また条件を満たした場合、時効の援用という制度を利用することで債務を消滅させることも可能です。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN