金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

マネーストックに関するQ&A

マネーストックに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「マネーストック」をご覧ください。

2010年10月29日 Q.質問
日本株は底なし沼に落ち込むか? 日経平均23円安 【日経平均】は後場に買い上げがありましたが、引けにかけ売られ、終わってみれば9377円と9400円台を割りこんで引けています。 売買代金も一兆円すれすれが続いており、今のような日銀マネーが金融市場にばらまかれている中では異例の低水準にとどまっています。 この不振の理由ですが、手元にいくらお金がありましても、今の日本株を買い上げるだけの元気が投資家にないことがあげられます。 政権に日本企業を支援する意図が全くなく、かつ財政破たん危機も迫ってきている中、民主党政権に危機感がまるでなく、これでは投資をしろという方がおかしくなります。 結果、どのような市場になるかと言いますと以下の通りです。 ・ ・ ・ <値上がり1社> 1位 石原産業 終値 58円(+6円:+11%) アメリカでは「ペニーストック」と言われる、一ドル以下の事実上経営破たんしているとみなされる株が東証値上がり一位になっているのです。 いわば「際物」が日本を代表する株式市場の値上がり一位になっているのです。 これを見れば外人機関投資家は日本株を買うどころか、日本株を売ってきます。 また、今日、民主党が企業・団体献金自粛取りやめを決めましたが、政党助成金にとどまらず、労組等の支援団体からもお金を貰いましょうという事態を見れば、国民はもはや民主党は終わったと思うはずです。 折から沖縄県知事選挙に民主党候補を立てないと表明しており、政権与党としてはあり得ない態度になっており、「今の日本に投資することは恐ろしい」と外人が判断しつつありますが、民間企業も「もはや日本は終わった」というところも出てきており、日本脱出が本格化するかも知れません。 損をしてもとにかく株を現金化して海外に資金を振り向けるという企業が続出すれば日本株は底抜けます。 今はまだNY株等が高いですが、世界中の株バブルが終われば株は一斉に売られますので、その際には日本株は底なし沼に落ち込むかも知れません。 以上で間違いはないでしょうか?
2010年11月12日 A.回答
将来の株式市場がどうなるかわかる人などいません。あなたのような超悲観論者から超楽観論者までいます。経済評論家や市場関係者といわれる専門家の間でも意見はイロイロです。ですから他人の意見に反論したりまた自分の意見に同調を求める必要もなくあなたの考えとして尊重されるべきでそれで良いのではないでしょうか。ただ言えることは株取引はそもそも不確実、リスクのあるものに投資するわけで、あなたの言われるような自国の要因以外にも景気の良し悪しにかかわらず株価や為替に影響を与えるような紛争の勃発や他国の金融システム崩壊、大きな災害の発生など常に大きなリスクは存在しています。 長年の経験則ですが市場に悲観論が多く存在するときはどちらかというと安心して投資をしています。過去の暴落は市場が楽観的な時に起きています。ブラックマンデー、バブル崩壊、リーマンショックなど直前の市場では悲観論は少数派でした。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN