金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

引受基準緩和型医療保険に関するQ&A

引受基準緩和型医療保険に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「引受基準緩和型医療保険」をご覧ください。

2011年02月06日 Q.質問
医療保険とがん保険についてアドバイスお願いします。 現在投薬をうけている32歳男性です。 医療保険(引受基準緩和型)を検討しています。 何社か調べてみましたが、入院一日5000円のタイプで、 月3500円から4000円の支払いになりそうです。 年間5万弱、10年で50万弱、20年で100万弱。。。 なかなか高いです。 がん保険は入院一日10000円のタイプで 月3000円くらいで入れそうです。(まだ告知の条件とか見てませんが。。) がんは3人に1人がなるということらしいので、 どちらかしか入れる経済状況にないとしたら、 がん保険に入るべきでしょうか? 投薬は受けていますが、小学校以降はまったく入院したことはないです。 子どもも幼稚園に入る年になりますし、 家族のことを考えたら、医療保険に入ったほうがいいのかなと思い 検討をしているところです。 アドバイスよろしくお願いします。
2011年02月20日 A.回答
医療保険は休業が即収入減になったり絶対に個室に入る人以外は無くてもいいものです。 貴方はきちんと支払金額合計を計算できています。その間にどれだけ給付金受け取れるか計算しても、まず元とれないのわかるでしょう。今後ますます入院が難しくなるでしょうし。その分貯金する方がマシです。 どうしても入りたいなら、病状が落ち着いて普通の医療保険に入れるタイミングで加入したらいいと思います。 それに対し、がん保険は有効です。がんにならなければ丸ごと損ですが、いざがんになった時保険に入っているのと入っていないのでは治療方針も変わってくる大事なものです。がん保険はいざというとき「無いと困る」保険で、医療保険は「あるに越したことない」程度の保険です。 ちなみに、がんは2人に1人がなります。亡くなるのが3人に1人です。 がん保険も今後入院日数が短くなるので入院給付金ではなく、診断給付金を重視してください。診断給付金さえしっかりあれば他は何もいりません。 告知もがん保険は医療保険に比べてかなり緩いです。糖尿病でも大抵入れるくらいですので。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN