金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

プロスペクト理論に関するQ&A

プロスペクト理論に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「プロスペクト理論」をご覧ください。

2013年06月27日 Q.質問
僕には良いトレードに見えないです。ドクターさんに反論する訳ではないです! コツコツドカンの典型に感じたので。 いちいちm(__)m超いらんお節介ですが 書いてたら締め切りだったので♪笑 >目下、15分~1Hローソク足のギザキザを見ながらポジションをとり、山や谷のできそうな値から控えめに見積もって指値をいれ、逆指値は日足をみてここまできたら反対の流れっぽいからここら辺、という感じでやっています ターゲットは15分~1時間足の節目で ストップは日足levelまで持ち越す……という感じでしたら、良くないと思います。 正にコツコツ勝って、ドカーンと持ってかれちゃいます。 初心者の頃にやりがちな負けパターンです。 一度「プロスペクト理論」でぐぐってみて下さい! 損切りの基準も 日足ではなく 15分~1時間足で「ここまで行ったら逆行加速」のポイントに置いて下さい ギャグナーさんの手法は、僕と違いますがとてもロジカルな物に思えます。(※理由は文読めば解る…かな) まずは、損切りを上手になって下さい。 始めは 「エントリーする根拠が崩れたらすぐ損切り」で良いと思います。 「エントリー&損切り」はセットです。 それが出来て収支はトントン。 それが出来なければ退場する日は近いです。利伸ばしを覚える前に退場してしまう場合が多いです。 で、エントリー&損切りって 利益確定(利伸ばし)よりよっぽど 簡単なんです。 利伸ばしは相場の顔色による部分も大きいです。際だった正解がないんです。 人により、向き不向きも顕著だそうです。 損切りは自分でコントロール(制限)出来ます。 割かし明確な損切りポイントというのが存在します。正解に近いポイントが存在します。 ※根拠に則ったトレールは利伸ばしに有効
2013年06月27日 A.回答
オイスターです、回答ありがとうございます プロスペクト理論ウィキってみました 私は質問1でA、質問2でBでした、残念 なるほど、ちょっとさわりを読んだだけでも、自分のトレードがかなり危ないということが分かりました 文章で見るとへたれな選択だと思いますが、実際のお金を前にするとなかなか人間弱いものですね 逆行加速のポイント、逆行加速で調べられません 逆行して、そのままギューンってなるイメージでしょうか 今日の相場で逆行加速ポイントを聞いてもよろしいでしょうか 今日の11:30頃、ユーロ円127.7の指値をまてず.45で売ってしまったのでお金に余裕ができ 深く考えず、15分足でちょうど山にみえたaud円ショートを91.25、指値90.9逆指値91.6で持ちました いつもはそこそこプラスになったら利益確定していたのですが、今日はいろいろ調べているうちに指値逆指値どちらにも刺さらず今に至っています この場合、逆行加速ポイントは91.4あたりであっていますか? って書いてて、隣のタブ開くつもりが知恵袋とじちゃって遅くなりました この回答を書いていてはじめて、 今までのトレード、自分の指値が実際の結果に対して刺さっていたかや見当違いではなかったかなどなど、まったくおさらいしていないことに気付きました、逆指値のおさらいなどもっとやっていません 恥ずかしい限りですが、大きな損をする前に教えていただけてよかったです 逆指値をどこにおくか考えた分、長くポジションを持っていてもあせらずに済みそうです 損失は元手の2%、からやってみようと思っていましたが、ただ2%にするのではなく、そうするにあたって考えなければいけないことに気付きました 少ない元手ですので、どこでポジション持つか、もう少し計画的にやらなければいけないですね 成り行き反省 ところで、aud/usd0.933ショート、指値0.927、逆指値0.94→0.935に直しました これで耐えてみようと思うのですが、おかしくないですか? 皆さん優しくて、知恵袋っていいですね これからお世話になります、よろしくお願いします
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN