金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

報酬比例部分に関するQ&A

報酬比例部分に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「報酬比例部分」をご覧ください。

2013年08月29日 Q.質問
先日、年金定期便というハガキが送られてきました。ハガキをはがし内容を読んでみると、老齢年金の見込み額が書かれていました。 65歳から老齢基礎年金が76万円ほど。 63歳から厚生年金が69000円ほど。 厚生年金をさらに詳しく見てみますと、報酬比例部分が69000円ほどで、定額部分が米印になっていました。 私は10年程、正社員で働きました。 給与は7年間は30万円ほどありました。 厚生年金ってこんなに定額なんでしょうか? 65歳からのトータルが83万円ほどになります。 月々7万円弱の支給額ということにショックを受けています。。。。
2013年08月30日 A.回答
確かに低いですね。 40年間満額であれば約4倍と仮定すれば 7×4=年間28万円しかもらえませんね。どう考えてもおかしいですね。 もしかして,会社では厚生年金基金という年金にも入っていて,厚生年金はそちらに流れていたことが可能性としてはありますね。 つまり,全額が国の厚生年金に流れないで,別に会社が加入していた厚生年金基金という団体にお金が流れていた可能性があります。その場合はその団体から別途年金が別口で支給されるわけですが,消えた年金として,転職や引越しして行方不明扱いに なって年金の通知や連絡がもらえないでもらえる年金をもらっていない人が多数存在していると言う話です。 今回もそのケースだと思います。 前の会社に確認して基金に入っていたならその基金に連絡しましょう。また最近は この基金も解散を始めていますので混乱でわからなくなる可能性もありますね。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN