金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

劣後株に関するQ&A

劣後株に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「劣後株」をご覧ください。

2014年08月06日 Q.質問
新型劣後債に投資する意味はあるのでしょうか? 内容を見れば見るほど株を買った方がよいのではないかと思えます。
2014年08月07日 A.回答
一般の投資家がこれを買う意味はまったくありません。新型劣後債は実質破たん時に、普通株式に100%転換される、または債権放棄するかの特殊条項がついているので、損するときには株にならい、プラスのときには債券分だけってそんなアホなの商品です。 これは銀行がバーゼル3に対応するためだけに考えられたやらずボッタクリ商品です。 これを積極的にやる意味があるのは株の持ち合いの代替としてか、バックファイナンスがついてる場合のみです。 株で持ち合いをすると株が下がった時に損失を建てなければなりませんが、これだと基本非上場なので実質的に時価評価をスルーできます。んで資本補完ができる。 また銀行が付き合いのある企業に対して融資をしてこれを買ってもらう、企業としては劣後債と融資のスプレッドが抜けるといったケースです。ようは持ってもらう代を銀行が支払ってくれる場合ですね。 一般の投資家に売ってるケースもあるようですが、複雑な条項をちゃんと説明していないほとんどダマシと同じ状態だと思います。 ほんとお下劣な商品ですこと☆
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN