金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

TOPIX(東証株価指数)に関するQ&A

TOPIX(東証株価指数)に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「TOPIX(東証株価指数)」をご覧ください。

2015年08月14日 Q.質問
株やETFで、1ヶ月で1割、10%の利益は可能ですか? 参照サイトはここです。 http://myindex.jp/search_fund.php?s=12 http://myindex.jp/data_f.php?q=1627 myindexというサイトが好きで、いつも暇つぶしのように見ています。実際、ここで調べて保有したETFもいくつかあります。投資歴は1年ちょっとで、まだ30万円くらいです。日本の個別株はやらずに、昨年から海外ETF,国内ETF、つい最近米国個別株に投資しました。 あと半年か1年後にまとまった資金を用意して、総額400万円くらいを時期を分散して投資していく予定です。 400万円をすべてなんらかの銘柄に投資したとして、1か月で1割の利益が出るなら、40万円ですよね。そうすると無理して会社勤めしなくてもぎりぎり食べてはいける気がします。自分の場合、働くことはお金のためだけではないので、投資で利益が出ても勤めは続けるとは思いますが。気持ちの上で今よりだいぶ余裕がでるようには思います。 例えば、野村アセットマネジメントの NEXT FUNDS 電力・ガス(TOPIX-17)上場投信 (1627) の場合、今はリターンが12.1%だそうです。いつまでもこのままではないでしょうが、もし1か月のリターンが10%前後のETFに100万ずつを4点に分散させてつぎこんだとしたら、(例えば今挙げた1627、米国リート連動ETF、米国金融株連動ETF、米国国債連動ETFなど)、実際に40万の利益が出るのでしょうか? なお、複利の効果を狙いたいので利益の現金化はしません。NISA口座は自分と家族のと2口座使うとします。窓口はマネックス証券とします。 先の分散の仕方だと、米国に偏っているのであまり分散の効果はないかとは思いますが、とりあえずの一例です。 質問の要点としては、1か月で10%のリターンというのは、このように単純に投資金額の1割の利益と考えてよいのかどうか。 とくに、私が見ているmyindexというこのサイトは、リターンの計算についておよそ合っているのかどうか。 この2点です。 それと、投資初心者として海外ETF8割、国内ETF2割で考えていますが、個別株も楽しいので米国中心に細々とやろうかと思っています。月に1割のリターンを究極の理想(虫がよいでしょうが)としたら、ETFと個別株の配分、考え方などはどのようにするべきか。 そもそも、リターンの目標はどれくらいに設定している人が多いのか。 当方初心者です。ご教授よろしくお願いします。
2015年08月29日 A.回答
上手く行けば可能ですよ、自分自身今月の利益確定額が10%を超しました。まだ月の半分ですがビックリしています。年間で20%もあれば十分でしょう。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN