金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

名義預金に関するQ&A

名義預金に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「名義預金」をご覧ください。

2015年12月01日 Q.質問
16歳高校生です。 祖母が他界して、祖母がやっていた農業を継ぐ事になりました。 親は公務員で副業ができないため、 私が果樹栽培・販売をします。 (農地は父名義です) 学校に個人事業を始めようかと相談したら、許可はでました。 ☆農協に出さず、個人事業を始めようと思う理由☆ 祖母は無届で農業(作物を作って農協に出す)をやっていました。 しかし、二束三文で買い叩かれていました。 私は、作った作物を二束三文で買い叩く農協には出さず、 インターネットで消費者に直売しようと考えています。 さて、ここで色々問題が起こります。 問題1 まずは個人事業としての開業です。 ①法務局で未成年者登記 ②税務署で開業届・青色申告届 ③法務局で屋号の商号登記 の流れになると思いますが、合っていますか? また、それぞれの費用(登録免許税等)は何万円ですか? それぞれの手続きにかかる日数は何日程度ですか? 問題2 税金の申告です。 ・個人事業の青色申告書類を自分で作るのはどれぐらい難しいですか? ・申告に必要な書類は何ですか? ・申告書類作成のためにどんな帳簿を残す必要がありますか? ・個人事業の税務申告は、事業とは関係ない物もすべて申告する必要がありますか? ↑の例、贈与税非課税範囲の贈与、アフィリエイトやポイントサイトの利益、銀行預金の金利、外貨売買の為替差益、投資信託・証券等の利益 問題3 保険関係です。 現在、親の扶養(地方公務員共済)に入っていますが、 これを抜ける必要がありますか? 実は、祖母が死んでから現在まで約1年、無届で販売していました。 売上(利益ではない)は30万円程度です。 利益は小学生の小遣い程度です。 これは、税金が発生しない額に販売を抑えていたのもありますが、 実際、本気で売っても、かなり安いと思います。 バイトは扶養を抜ける必要があるのは、 所得が130万円以上ですが、 個人事業主であれば、たとえ0円でも抜ける必要があるのですか? バイトと同じで130万円なんですか? 130万円であれば、それは売上ですか?純利益ですか? また、母方の祖母から小遣いを年50万円程度貰っています(贈与)が、 これは130万円に何か関係ありますか? 事業とは関係ない儲け(アフィリエイトや銀行預金金利、証券利益等)は、何か関係ありますか? 問題4 個人事業をする事で、将来の大学入試やその先の就職に、 プラス・マイナスの影響を与える事はありますか? 例えば、学校の書類や、履歴書の職歴に書かれ、 それがなんらかの影響を与えますか? 人に聞くならそもそも事業をするなと言う声もあるかもしれませんが、 果樹栽培なので、事業をしない訳にいきません。 個人事業は色々ややこしいから会社にしろと言う声もあるかもしれませんが、 自分の会社で協会けんぽや厚生年金に入って、親の扶養を抜ける必要があるため、出来ません。また、法人は凄く税金がややこしいらしいです。 よって、法人と言う選択肢もありません。 最後に私のスペック(履歴書のような物)を書いておきます。 年齢:16歳 性別:男 職業:なし(高校生) 資格検定等 なし ここまで 学歴 ・中学校卒 ・高校入学 ここまで 職歴 なし 志望動機(個人事業をやろうと思った動機) ・祖母が死んで、果樹栽培のやり手が居ないから。 ・農業に興味があるから。
2015年12月16日 A.回答
>>祖母が他界して、祖母がやっていた農業を継ぐ事になりました。親は公務員で副業ができないため 貴方の親は農業も兼業可能です。 職場で農業を兼業する旨を届け出ればOK程度。 問題無く承認される事になろうかと思われます。 参考までに、農家と兼業で役人をやってるような人は、主に地方自治の末端を担っている市町村役場の地方公務員等にかなり集中してます。 県職員にも農家と兼業している職員はいますが、県職員になるとかなり数は減りますがそれでも役所で仕事しながら家業の農家を営んでいると言うような職員はある程度いますからね。 それにね、公務員の兼業禁止でも例外規定があるので、農業等は本業に支障をきたさないレベルでは無い限りは認められてるんですよ。 だからこそ、貴方のその物言いはちょっとおかしいのでは?(・ิω・ิ)? と言う他ありません。 単に親が家業を引き継ぐのが嫌で家族らにそんな事を言ってるだけじゃないの? と言うような可能性も十分あるとも推察しますがどうでしょうね。 参考迄に、公務員の兼業禁止規定の例外に当たるような兼務可能な職業と言うのは、神社の神主さんとか寺の坊さん、後物書き等です。 良く官僚の人達が執筆や監修したそれなりの方面向けの書籍と言うのが沢山出てたりしますが、これも兼業でして構わんよとなってるから出来る訳です。 ま、高1なりたてのホヤホヤの世間知らずのガキにいきなり農家を引き継がせる等と言うような家族の頭の方がおかしいからさ、もっかい良く家族交えて良く話し合う事をおすすめしておきます。 ま、1個だけ教えておくとすれば、、 自分で商売を始めます!(・∀・)。と言うなら、そもそも今回貴方がここにぶち込んだような問いの殆どは貴方が解らないなら自力で調べまくってでも解決して前向いて進むように進めるようにしなきゃならんモンばかりです。 税金が解らん? 税務署があるんだから行くなり電話して聞くなりすれば答えに行き着けるよ。こんな所にわざわざ問いをこさえてぶち込む必要性すらない。 法務局の屋号登記が解らん? それも法務局に聞けば速攻で解る事だけだよ。(笑) こんなレベルの不明点と言うのは問題でも何でもない。ただの社会常識でありルールでありそれが当たり前の事なのだから、問題以前のお話しでしか無いんだよ。 解るか?(笑) そもそも、この程度なら公務員の親がいるなら親に聞け。すぐ解る事だらけだ。(笑)
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN