金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

一物一価の法則に関するQ&A

一物一価の法則に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「一物一価の法則」をご覧ください。

2015年12月06日 Q.質問
完全競争市場では【一物一価の法則】の法則が成立しますが、これが成立する理由を分かりやすく教えて下さい(>_<)
2015年12月09日 A.回答
情報の完全性により一物一価が成立します。 完全競争市場とは、以下の4つの条件が満たされた市場とされます。 ①多数の消費者と多数の生産者の存在 ②財の同質性 ③市場への参入・市場からの退出の自由 ④情報の完全性 ①多数の消費者と多数の生産者の存在する 特定の生産者や消費者が財の価格を操作することができないので、だれもがある価格を受け入れるしかない。 ②財の同質性 違和感のある想定ですが、経済学では、完全競争市場の条件として、財の同質性を想定します。消費者は、財を購入する際に、財の同質性により、どの生産者の財であるかを問わないことになります。 ③市場への参入・市場からの退出の自由 消費者と生産者が市場に自由に参入・退出することにより、消費者や生産者の間で完全に自由な競争が繰り広げられます。 ④情報の完全性 市場取引に参加する消費者と生産者が、取引される財の価格および品質の情報を完全に把握していることを情報の完全性といいます。 消費者も生産者もどこで、何が、いくらで取引されているかを知っているので、同質の財がA市ではB円で売られ、C地点ではD円で売られることはなくなります。 情報の完全性により、結果的に、1つの財には1つの価格がつけられることになります。 これが、一物一価の法則です。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN