金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

報酬比例部分に関するQ&A

報酬比例部分に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「報酬比例部分」をご覧ください。

2016年02月09日 Q.質問
年金の確定申告について教えてください。現在61歳10ヶ月で フルタイムで会社員として働いて 今も厚生年金を払ってます、年収は額面総支給額500万です。61歳になって厚生年金報酬比例部分で年間106万が2ヶ月毎振り込 まれてます、この場合だといくら位差し引きがあるのでしょうか? 65歳から貰っても良かったのですが 貰える物は貰った方がいいよと言われそうしました。 あまりにも差し引きされるなら65歳からに変更できるのでしょうか?
2016年02月16日 A.回答
<いくら位差し引きがあるのでしょうか?> (年金の1/12+年収1/12)-28=22/2=11万>88000(年金月額) 因って収入により年金全額カットになります。 <65歳からに変更できるのでしょうか? > 65歳以降の老齢厚生年金(基礎年金部分)には「繰り下げ」によって増額される制度がありますが、特別支給の老齢厚生年金にはそれがありません。5年後に請求したら、5年分が同じ受給額でまとめて振り込まれるだけです。 また、年金を受け取る権利は5年で時効を迎えますので、さかのぼって請求できるのは5年分のみ。60歳で受給できる年金を65歳と2カ月で請求したら、2カ月分が時効により消滅します。 基礎年金はカットされません。比例報酬部分のみカットされます。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN