金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

報酬比例部分に関するQ&A

報酬比例部分に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「報酬比例部分」をご覧ください。

2016年06月30日 Q.質問
特別支給の老齢厚生年金で報酬比例部分のみを60歳からもらう場合の裁定請求ってどうやってやるんでしょうか。 年金事務所に行って申請書を書けばいいんでしょうか。
2016年07月07日 A.回答
あなたの生年月日によるのですが、例えば 特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢が 63歳の人の場合、60歳で繰り上げて請求をした場合、 65歳からの、老齢基礎年金も合わせて繰り上げ請求を しなければなりません。 報酬比例部分だけという訳にはいかないような制度です。 年金機構より 特例支給開始年齢に達する前に老齢厚生年金(報酬比例部分)の 繰上げの請求をすることができます。 経過的な繰上げ支給の老齢厚生年金の年金額は、60歳から65歳に 達するまでの請求時の年齢に応じて、本来の年金額から、 政令で定める額が減じられた額となります。 この経過的な繰上げ支給の厚生年金を請求する人は、 同時に老齢基礎年金の繰上げ請求をしなければなりません。 60歳になる前に、必ず年金事務所に行って、繰り上げ請求についての 説明を受けてください。 する。と決まれば請求書など、必要な書類を渡してくれると思います。 納得してから請求をしてください。 請求しちゃうと、取り消しできません。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN