金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ノーロードファンドに関するQ&A

ノーロードファンドに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「ノーロードファンド」をご覧ください。

2016年07月15日 Q.質問
積立投資信託で質問です。 カン・チュンド方式で、毎月5万円ずつ、下記の積立を行っています。 たわらノーロード 先進国債券 20% たわらノーロード 国内債券 20% たわらノーロード 先進国株式 28% たわらノーロード 新興国株式 32% 日頃価格を見ると、大きく下げるときと、大きく上げる日があるのですが、 大きく利益がでている間に少し解約し、現金として避けておき、 大きく下落したときにそのお金で買い直すという作戦はどうでしょうか? 20年以上積み立てて老後資金にする予定で、当初はほったらかしを決意していましたが、上記の 案が浮かびまして。 デメリットなどあればご教授願いますm(_ _)m
2016年07月16日 A.回答
投信の場合、売買しようとした時点の価格では売買できず数日後の価格で約定になるので、書かれているようなことはできないですね。 今日上がったから売りを入れたら翌日は下がっていて、約定になる数日後はさらに下がっていたということになるかもしれません。 頻繁にでなく毎年とか半年に1回そのような売買を行ったらどうですか。 リバランスと言いますが、例えば先進国株式が高騰、新興国株式が下がっているとき、先進国株式の一部を売却、新興国株式を買い足す。そして各アセットの配分率を当初の割合に戻す方式です。 GPIFの運用でもリバランスを行っています。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN