金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

アノマリーに関するQ&A

アノマリーに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「アノマリー」をご覧ください。

2016年08月06日 Q.質問
今週、ポンド/円で、135円で買いのポジションをとってしまいました。 円高がすすみ、今132円台ですが、もう回復しないでしょうか…? 2016年は円高傾向が強いのと、毎年8月は円高のアノマリーがありますよね。 それに英中銀(BEO)が金利を下げたのもあって円高傾向が強まる感じがします。 さらに金利を下げる可能性もあるそうです。130円を割れるかも…。 今年中に135円回復するのなら損切りしないで回復するのを待つつもりでいますが、円高に進むのなら負けを認めて諦めるつもりです。 みなさんの意見を教えてください。 諦めて損切りするかもう少し様子を見てみる…みなさんの意見を教えてください。
2016年08月21日 A.回答
ブレグジットで情勢不安になっているイギリス関連に、よくもまあロングポジションをとろうなんて考えましたよね。 今はポンドもユーロも危険すぎて触らないにこしたことがないです。 ブレグジット直後なので、今は極力ポジションを取らないのが望ましいです。 良くも悪くも何かあったら一気に値段が吹っ飛ぶ通貨の代表格です。 1日で5円ぐらい吹っ飛んでも何の疑問もありません。 資金に相当な余裕があるのであれば、GBP/USDのショートを併せてとって、ポンド暴落への対策をとっておくかですね。 とにかく不用意すぎです。 貴方がやってるのは投資じゃなくてばくちです。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN