金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

証券化に関するQ&A

証券化に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「証券化」をご覧ください。

2008年10月19日 Q.質問
このような惨状から脱却するために、皆様ならどうしますか? 金融資産状況が以下のような状況であるとして、目標を (1)できれば、5年以内に株に投資した元本を回復する。(この段階で保有株式を殆ど減らし、事実上株の取引を辞めたい。) (2)1が無理なら投下元本を回収する期間を30年以内と想定する。30年以内に損益が-100万円以内まで回復するならば、まあ良しとして諦めて損切りする。 のような2段階に想定したとき、皆様ならどのような対策を考えられるか、教えて頂けますと幸いです。 当方32歳男性・未婚の会社員です。 ちょっと、株に投資した金額が度を超していて、やりすぎたと反省しています。 現物株の買い(ナンピン含む)しかできず、「売り」が苦手で、且つ、信用取引は怖くてやる気がないです。 住宅については、買えるなら買っても良いし、資産状況や収入から無理っぽければ買う必要はないと思っています。必要とあらば老後は田舎の実家を受け継いでそのまま住めばいいと思ってます。結婚時期は未定ですが、披露宴を行わないことでこれ以上の資産の傷みを防ぐことも悪くないと思います。 <現在置かれている資産状況> 年収 580万円ほど 預金 570万円 財形 30万円 持株会時価 15万円 株式(証券会社A分) 銘柄 買付日 数量 取得単価 現在値 損益 損益(%) 評価額 キヤノン 2006/6/27 50 4640 3180 -73000 -31.47 159000 三菱重 2007/3/5 1000 638 372 -266000 -41.69 372000 商船三井 2007/5/11 1000 1102 498 -604000 -54.81 498000 郵船 2007/6/12 1000 949 443 -506000 -53.32 443000 川崎船 2007/6/13 1000 1084 405 -679000 -62.64 405000 信越化 2007/10/25 100 7328 4180 -314800 -42.96 418000 郵船 2008/1/16 1000 949 443 -506000 -53.32 443000 日産自 2008/3/3 100 849 484 -36500 -42.99 48400 日産自 2008/7/14 100 849 484 -36500 -42.99 48400 日産自 2008/8/4 100 849 484 -36500 -42.99 48400 川崎船 2008/8/4 1000 1084 405 -679000 -62.64 405000 商船三井 2008/9/10 1000 1102 498 -604000 -54.81 498000 商船三井 2008/10/7 1000 1102 498 -604000 -54.81 498000 株式(現物)合計 評価額 含み損益 含み損益(%) 前日比(%) 4284200 -4945300 -53.58 -1.51 (証券会社B分) 郵船 2008/10/7 1000 445 443 -2000 -? % 443000 ということで合計950万円を超えるような元本に対して、ほぼ500万円の損失を抱えています。 現在の株式動向踏まえ、皆様が私の立場だったらどうしますか?
2008年11月02日 A.回答
(1)のように一定の期間で元本を回復させる確実な方法はないでしょうし、 (2)のように30年という比較的長期に、ある範囲に損益を収束させる確実な方法もないと思います。 そういった理由で質問者さんの希望されるような回答は難しいのですが、 先日以下のような質問に回答させていただきましたので 参考になる部分もあればと思い回答させていただきます。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1319595833 もしよろしければ上記を少し読んでいただけますでしょうか。 まず質問者さんが今後もお仕事を順調に続けると仮定した場合、 質問者さんの状況にもよりますが今後の収入なども鑑みて それほど大きなリスクは取っていないと思えます。(要はやりすぎではない可能性が高い) ですから、焦って株の売却を考える必要はないのではないでしょうか。 上記のリンク先でも同様のことを書いていますが、 値段が下がって悲しいのは当然ですが、 悲しさや自分の買った値段は株を買ったり売ったりする理由にはなりません。 下がったら下がった理由があるはずなので、現在の株価と会社の状態を比較して 割高なのか割安なのか自分なりに判断して行動していけばよいのです。 (非常に難しいことであるのは重々承知しておりますが) また、ナンピンが多く、業種や銘柄が集中しがちなことが気になります。 業種・銘柄をもっと分散させてやると幾分落ち着くような気がしますが如何でしょうか。 (私が質問者さんであれば大きなウエイトの銘柄を少し整理して分散にあてると思います。) 売りが苦手とありますが買った理由(割安だ、成長しそうだなど)に対して (割高になった、思ったより成長しない、金が必要になったなど)必要に応じて売るのであり、 なんかいいタイミングになったりしたら売る、というものでもないと思います。 最終的な投資判断はご自身の責任でお願いいたします。 参考になりますでしょうか。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN