金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

匿名組合に関するQ&A

匿名組合に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「匿名組合」をご覧ください。

2010年06月27日 Q.質問
企業形態の選択について質問します。 町の発明家Iが新しい機械を発明し特許権を取得し、この発明を製品化し販売する事業を起こそうとしたがIには事業経営の知識、経験はなく資金力もないためにIは友人で元経営者Mと資産家Rに協力を求めた。この場合I・M・Rの三人が起業し経営を続けていくには、どのような企業の形態を選択するのが一番いいかおしえてください。 私企業、営利企業、協同企業まではわかったのですが、次の組合企業か会社企業のどちらを選べばいいのかがわかりません。また選んだほうの先の形態を教えてください。組合だったら匿名組合か、会社企業だったら株式か持分かおしえてください
2010年07月03日 A.回答
▼捕捉に対する回答です。<m(__)m> >>Iが少しでも出資できる場合はIが無限責任者になれるのですか? なれます。人的会社に当たりますから、金銭以外の能力面等を評価しての出資等も行えます。 ただ、最初に誰を無限責任者員にして誰を有限責任社員にするとか、誰を代表社員にするか等については、これは全員で協議して決めるようになるでしょうから、その際に最悪、会社を乗っ取られないような形に決められるよう貴方も頑張って言い分を上手く通すしか無いですね。(^^; >>またIがRの立ち位置を有限責任者と決められるものなのですか? 会社が出来た後に出資と言うような形であれば、有限責任社員として受け入れると言う前提で出資者が了解さえすれば問題はありません。了解した場合だけ受け入れれば良いんです。 また、出資者が自ら法人を運営する事にも参画する等と言うような場合も考えられますが、その辺は上手くねじ伏せるなりして有限責任者員の範囲で出資のみと言う事で納得でもして頂けるよう説得する位でしょうか。 また、設立時に出資者は出資のみで経営には口を挟まないで欲しい旨を強く要望するなりし、儲けたらちゃんと出資に応じて配当は出しますからと、あくまでも出資のみに限定してお願いするようにでも調整されるのが宜しいかと考えます。 ▼捕捉前の回答です。<m(__)m> >>どのような企業の形態を選択するのが一番いいか これは、大変難しい問題ですね。 まず前提要件として、IとMとRのそれぞれの人間関係や信用の度合い等がちゃんと担保されていると言うような事でも無い限り、下手に決めると組織ごと持って行かれてしまいかねないと言うような大きなリスクが存在する点が懸念されると言う所でしょうか。(@_@")b"" そもそも、Iに何も無いで無い無いずくしの点が多いのが一番問題です。^_^; もし株式会社として会社を設立するにしても、Iは金が無いのですから出資が行えません。Rだけが100%出資していると言うような事にでもなると、株主の言葉の力は絶大なモノになりますから、出資もしてないような役員では、筆頭株主の言う言葉を何処まで制御しきれるかと言えば、実際には金を出してる人間が一番強いので中々抵抗できず、要求を呑まされる方に向いてしまうと言うような事になりかねない所が怖い所でしょうか。 まぁ、Iも5万や10万程度なら出資も出来ましょうから、そう言う前提で考えると、組織形態としては出資比率により乗っ取りが行えない形を取れる合資会社だとか合名会社と言うような人的会社を選択するのが無難と言えば無難とも考えます。 これなら、例え無限責任者員となるIの出資額が1円であり、尚かつRの出資額が1億円だったとしても、Rを無限責任社員にせず、単なる出資者と言う位置に当たる有限責任者員と言う位置付けであれば、無限責任者員の地位をいくら多額の出資をしているからと言っても有限責任社員が取って代わると言うような事をRからは行えませんから、万が一の会社の乗っ取り等を未然に予防すると言うような事は可能になります。^^ 後、Mの位置付けとしては、これは経営手腕をアテにしなければならないので無限責任者員の側に入れ、会社の舵取り等を任せる役職に就ける必要がありますが、ここでも代表社員をどうするかが迷う所です。 Mが金に目が眩んで裏切らないとも限りません。 もしMが人間性の上でも信用するに値すると言うような程の信用があるようなら、Mを代表社員に据えて経営の舵取りをさせれば良し、もしMに何らかの信用不安があるようなら、Iが代表社員を務めて経営の先頭に立つしかありませんが、Iはど素人ですから非常に経営手腕には疑問符が残りますので出来るだけその采配は避けたい所です。 取り合えず貴方の出された内容で判断可能なのはこの辺までが精一杯です。^-^; 後は人間関係の事を考慮して最終的な結論を出されるのが宜しいかと考えます。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN