金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

金本位制に関するQ&A

金本位制に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「金本位制」をご覧ください。

2010年11月21日 Q.質問
金本位制があるなら、銀本位制もあるんですか?
2010年11月27日 A.回答
本位制は「価値があるけど沢山作るのは不便・不都合な金貨や銀貨の代わりに、紙切れを紙幣として流通させる仕組み」です。 金本位制と銀本位制はこの基本になるお金、本位貨幣が金を含むか銀を含むかです。 金・銀といった貴金属と紙は同じ価値はありません。そこで紙幣を発行する中央銀行が「窓口に紙幣を持ち込んで、本位貨幣との交換を要求したら中央銀行は無制限に交換に応じます」と約束します。 この交換を兌換といいます。兌換により紙きれも価値があると主張するのです。兌換により本位貨幣と紙幣が交換されたら、中央銀行は受け入れた紙幣を破棄します。 あくまで「世の中で流通する紙幣は本位貨幣の代わり」だからです。 逆に中央銀行は本位貨幣を窓口に持ち込まれたら、紙幣と交換します。この紙幣は「本位貨幣が中央銀行の大金庫にしまわれて、交換に窓口から払い出された瞬間に」ただの紙切れから紙幣になります。 本位貨幣を窓口で紙幣に交換する仕組みは、外国為替に応用されます。 一定量の金で円やドルやポンドなどの価値を表すことができるなら、その国の中央銀行に世界の本位貨幣を買わせて円の紙幣と交換する外国為替ができるはずです。しかも金の重さは変わりませんので為替レートは固定相場です。 この仕組みを金本位制といいます。銀本位制は金本位制とリンクするのですが、金と銀の比価により為替レートが変動します。 つまり銀本位制は金と銀の交換比率に基づき金本位制とリンクします。日本が銀本位制から金本位制にシフトしたのは貿易に不利だったためです。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN