金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

店頭デリバティブ取引に関するQ&A

店頭デリバティブ取引に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「店頭デリバティブ取引」をご覧ください。

2012年08月28日 Q.質問
金融商品から得る利益に対する課税関係についておしえてください 金融商品から得る利益に対する課税関係について、最も適切なものはどれになりますか? 1. 純金積立により積み立てた金を売却した場合の所得は、デリバティブ取引に係る所得と同様に雑所得(申告分離課税)により課税される。. 2. 公社債や割引債の償還差益は雑所得として課税されるが、いずれも発行時に一定の税率により源泉徴収されるため、確定申告は必要ない。. 3. 平成24年に店頭FXにより損失が発生した場合、その損失について翌年以後繰越控除することはできない。. 4. 外貨MMFの売却による利益について、所得税は課税されない。
2012年08月30日 A.回答
rika_akanさん >金融商品から得る利益に対する課税関係について、最も適切なものはどれになりますか? 4.が正解です。それ以外は間違い。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN