金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

アクティブ運用に関するQ&A

アクティブ運用に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「アクティブ運用」をご覧ください。

2006年09月22日 Q.質問
投資信託初心者です。今年3月から4月にかけて、日本株運用を中心としたアクティブ運用型投資信託「インベスコ 店頭・成長株オープン」を313万円分 と「日興のミュータント」75万円分購入しました。現在両方で70万円分赤字の状態です。今年は日本の景気がよくなる。→株価が上昇する。→日本株運用を中心とした投資信託も連動して値上がりする。いという単純な方程式を信じていたのですが、見事に裏切られました(+_+)今売ると赤字になるので、辛抱できるまで塩漬けにしようと考えていますが、それにも限度があります。専門家の方、日本株はいつ頃今年初めの水準に戻りそうか教えてください。また、今年の日本の景気は昨年に比べ確実に良くなっていると思うのですが、こんなに株安になった原因は何なのでしょうか。(原油価格の高騰が主な原因?)詳しい方併せて教えてください。
2006年09月23日 A.回答
買い時がちょっと・・・という点では、他の方々と同意見です。せめて、一昨年に買えば良かった。理由は、日経平均のテクニカル推移10年のグラフをご自分で見て、考えてください。株安の原因ですが、日経平均のアノマリー(季節性・習性)でみると、9月は一年で最も下落回数の多い月です。恒例行事のようなものなので、11月か年末まで待ってみては?また1月は米国市場の年始で、年金運用にて新しく決まった運用予算配分に従って買いが沢山入るそうで、“1月効果”と呼ばれているそうです。ちなみに日本は、4月が年度始めなので、新予算に沿って4月に買いが入り、上昇し易いです。また、税額の申告範囲は1~12月なので、年末に近づくと、節税対策も兼ねて頻繁な売買が入るかもしれません。とにかく師走まで、待ってみては。あと、日本株のリスクヘッジ策も、考えてみて下さい。日本株に付随するリスクは、何ですか?金利・為替・地政学、などなど。だから、日本株とは違う値動きを見せる投資対象を探せば、日本株のリスクを軽減できるのです。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN