金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

市場間スプレッド取引に関するQ&A

市場間スプレッド取引に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「市場間スプレッド取引」をご覧ください。

2013年02月11日 Q.質問
クリック365のメリットについての質問です。 以前、FXの店頭取引は、「総合課税」が適用されていたため、店頭FXの利益(課税所得)が多ければ多いほど税率が高くなっていましたよね?それが、2012年の1月から FXの税金のシステムが大きく変更されて、 •申告分離課税方式で税率は一律20% •市場デリバティブ取引と損益通算が可能 •損失の繰越控除が3年間可能 になりました。 それで質問です。 クリック365も •申告分離課税方式で税率は一律20% •市場デリバティブ取引と損益通算が可能 •損失の繰越控除が3年間可能 だと思うのですが、 だとしたら、店頭取引とクリック365だったら、断然店頭取引の方が有利だと思うのです。 今日実際、クリック365をやってみました。 GMOクリック証券でしたが、スプレッドは、FXネオだと、1,2なのに対してクリック365は、3でした。時には4になったりもしました。 そして、往復手数料がかかりました。 なおかつ、約定も時間がワンテンポ遅い感じでした。 ここで質問です。 もし、これからFXをやるのでしたら、手数料無料の店頭取引のほうが有利ですよね? クリック365のメリットは無いと思うのですが。 クリック365を使っていらっしゃる方、 もしくは、FXネオよりも、クリック365にメリットを感じていらっしゃる方 いらっしゃいましたら、ご意見の方よろしくお願いします。 GMOクリック証券以外をお使いの方のご意見でもいいのでお聞かせください。 (ちなみに、クリック365を今日初めて使ってみましたが、数時間取引して、やっぱり、FXネオに戻しました)
2013年02月26日 A.回答
税制改定後は店頭取引の方が有利です。 私もくりっく365のメリットは発見できません。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN