金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

プロスペクト理論に関するQ&A

プロスペクト理論に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「プロスペクト理論」をご覧ください。

2013年10月12日 Q.質問
プロスペクト理論について、 この理論による(詳しくは知りません。)と、多くの投資家は、損をする恐怖からすぐに利確する。いわゆる利小損大に陥る。とありますが、 私も利益が出ると、すぐ利確してます。勿論、損切りもしてます。 (利小、利小、損小)こんな感じで微少だけど右肩上がりでした。 このプロスペクト理論を読んで、なるはど利大損小かー。 こんどは利益が出ても少し待つことにしました。ところが逆行。あらら、損切り、 次も、利益は出ているけど少し待つことにしました。また、逆行。損切り。 この(利大損小理論)を実行したら右肩下がりになってしまいました。 誰が考えたか知らんが、私が思うには、心理学とテクニカルは別物ではないのでしょうか。
2013年10月18日 A.回答
プロスペクト理論には懐疑的です。 あれはその場で勝敗が決する「くじ引き」のような事象に当てはめるべきであって、 トレードで、利が出ている場面においては 今の利食いと、将来の「利食いに終わるか損切りに終わるかわからない場面」とを 比較する事になります。 つまり、持ち続けたとして必ず利が伸びるとは限らない事象に 該理論を当てはめるのは如何なものかと。 私には、次の言葉の方がトレードに於いては象徴的と思えます。 含み益を損に転じさせてしまうほど愚かなことはない ―― アレキサンダー・エルダー コツコツドカンをやらかさなければいいのです。 コツコツポコンくらいで行く方が合ってる人もいます。 私もこの傾向です。 「損小利大【でなければ】【絶対に】儲からない」 ややもするとこういう論調が絶対視される風潮にありますが 身の丈あるいは体質(?)に合ったルールを模索することも 有効ではないかと感じます。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN