金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

カバードコールに関するQ&A

カバードコールに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「カバードコール」をご覧ください。

2015年04月21日 Q.質問
ギリシャのデフォルトとダイワ・スイス高配当株ツインα(毎月分配型)について。 長文です済みません。 私は、ダイワ・スイス高配当株ツインα(毎月分配型)を保有していて毎月 分配金をもらっています。(毎月分配型はパフォーマンスが悪いのは解っています)。 毎月給料以外に使える現金があるとうれしいので。。。 先週、ギリシャの国債の格付けが下がりトリプルCとなりました。 また、今月末までにギリシャは財政改革案を出しEUに改革案合意が受けられれば、 EUから9000億円の融資が受けられるということですが、 ギリシャ議会では緊縮財政派と反対派の議論が平行線がつづき、 改革案を出すのも難しいしいのではないかと言われています。 EUからの融資が受けられても、6月には支援プログラムが終了してしまいます。 その後、ギリシャは7月に40億ユーロ、8月には30億ユーロの巨額な国債償還を 控えていて、これについては、返済の目途立が立っていないと聞いております。 これらを考えると、ギリシャはデフォルトするような感じがします。 ギリシャの借金相手はEUやIMFなどの公的機関が主だと聞きますが、 ドイツ、フランス等のヨーロッパの大きい所は銀行などもギリシャに融資していると聞いています。 ギリシャはデフォルトした場合、当然、貸主のドイツ、フランスは融資を返してもらえないのでGDPで3%位の財政負担負うことになると聞いています。 まず、ギリシャはやはり、デフォルトするのでしょうか? また、冒頭申し上げた投資信託のダイワ・スイス高配当株ツインα(毎月分配型)は売却して、ギリシャのデフォルトに備えた方がよいのでしょうか? その場合、何かお勧めの投資委信託などありましたら教えてください。 それとも、EUの金融緩和が行われているので、ギリシャデフォルトの 影響はそれほど考えず持ち続けた方がよいのでしょうか? ちなみに、ダイワ・スイス高配当株ツインα(毎月分配型)の説明にはこう書かれています。 相対的に配当利回りの高いスイス株式への投資と株式および通貨のオプション取引を組み合わせたカバードコール戦略を構築し、高水準のインカム性収益の確保と信託財産の成長をめざす。為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行わない。 と、あります。 投資初心者で、証券会社の担当者の勧めで貯金のほとんどをこの投資信託に つぎ込んでしまったため(投資は自己責任は十分承知しています。)、 心配でしょうがありません。 どなたか、詳しい方、教えて頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。
2015年04月27日 A.回答
いったん売ったほうがいいと思いますよ。カバードコールは平時はともかくクライシスにはほとんど機能しません。 実際そのファンドってこの1年でトータルリターンたったの2-3%でしょ。通常の世界株式インデックス買ってれば最低でもここ1年で20%くらいは儲かってます。 カバードコールは毎月分配型には非常にしにくい株式を高値圏で毎月分配型に仕立てあげるための苦肉の策です。今後もやってていいことはないと思いますよ☆
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN