金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

インザマネーに関するQ&A

インザマネーに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「インザマネー」をご覧ください。

2015年06月10日 Q.質問
バイナリーオプション常識問題 ○×問題です これがわからない人はやらないほうがいいです ※仕組み1.「オプション」とは、将来の特定の期日に、あらかじめ定めた価格によって原資産(取引の対象となる資産)を買う(または売る)ことができる権利をいう。 2.「通貨オプション」では、米ドルを買って円を売るものを「米ドルコール/円プット・オプション」と呼び、米ドルを売って円を買うものを「米ドルプット/円コール・オプション」と呼ぶ。 3.「バイナリーオプション」は、権利行使期日の原資産(取引の対象となる資産)の価格があらかじめ定めた条件を満たした場合、あらかじめ定めた一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利である。 4.権利行使価格100円、ペイアウト額1,000円の「米ドル/円のバイナリープットオプション」(円高になればペイアウトを受け取る権利)を買った場合、判定価格が101円となれば1,000円のペイアウトを受け取ることができる。 ※方法 1.バイナリーコールオプションを買った場合、判定時刻に原資産価格が権利行使価格よりも上昇していればペイアウトを受け取ることができる。 2.米ドル/円が下落するリスクをヘッジ(回避)するための方法として、たとえば米ドルプットオプション(ドルを売る権利)を取得することが考えられる。 ※概要 1.日本国内で提供されているバイナリーオプションでは、買付したオプションは判定時刻より前に転売することができる。また、売付したオプションは判定時刻より前に買い戻すことができる。 2.コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態を「インザマネー」という。 3.「権利行使価格」とは、権利行使により原資産を購入または売却する価格であり、バイナリーオプションの場合には、ペイアウトを授受するための条件となる価格である。 4.日本国内でバイナリーオプションを提供する業者は、バイナリーオプション取引における顧客全体の損益状況をまとめ、自社のホームページで情報公開することが求められている。 ※リスク 1.オプションの買い手は、権利行使をしなくても、オプションの売り手にオプション料(プレミアム)を支払わなければならない。 2.オプションの買い手は、必ず権利を行使しなければならない。 3.バイナリーオプションは、売り手の損失が限定されており、プレーンオプションに比べ、ローリスク・ハイリターンな取引といえる。
2015年06月25日 A.回答
質問になってない投稿は違反報告対象みたいですよ。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN